サザンクロスはここまでやります!

どうして当社が1台のクルマを仕上げるのに3時間以上の時間を費やしているのかは、このページに乗せている写真は、当社の仕上げのごくごく一部に過ぎませんが、こられの写真だけでも当社がどんなスタンスでお客さまのクルマを仕上げているのかご想像いただけると思います。30分や1時間程度の短時間でこんな仕事が可能だと思いますか?

数年間ガレージで保管されていたバイクをまた乗り始めるための復活のお手伝いをさせていただきました♪

 

ボディに付着した頑固な汚れ編

ボディ下部に付着するピッチやタール等の頑固な汚れを時間をかけて除去します♪

世の中には水アカ除去のためには追加料金が必要な洗車サービスもあるようですが、こういった汚れを丁寧に除去することを当社では洗車と呼んでいますので当然の如く除去します。コンパウンドを使いポリッシャー回せば短時間で除去できますが、それらの手段は本来は汚れを除去するための作業ではなく、ボディを研磨するための作業。ただ、研磨する際に汚れだけを落とすなんて器用なことは不可能です。時間をかけさせすれば除去できる「ただの汚れ」を除去するために、大切なボディを傷めるような作業を当社は絶対に選択しません。時間をかけて手作業で丁寧に除去します。

なお、定期仕上げをお任せいただいているクルマには、ここまで頑固な汚れが付着することはありません。写真のクルマはすべて「スポット仕上げ」をお任せいただいたクルマの写真です。

 

足回り編(タイヤ&ホイール)

ホイールの形状はクルマ毎に大きく異なりますが基本的に複雑な形状をしていることが多く、隅々まで丁寧に仕上げるためには非常に手間と時間を要します。また、頭を地面につけるくらいに低くして下側から確認をしないと拭き残しを確認できません。形状により異なりますが、1本のタイヤとホイールを仕上げるだけで当社は10分以上の時間を費やします。1台のクルマを仕上げるのに3時間以上の時間を費やす理由がご理解いただけるのではないでしょうか。

これくらいの角度での確認を繰り返さないとタイヤやホイール等の足回り系はキレイに仕上がりません!

 

キズは消せませんがキズもどきなら落とせます♪、編

どんなに気を付けていてもクルマを運転していればうっかり擦ってしまうことはあるものです。多少でも擦ってしまえばどうしてもなんらかしらのダメージが残ります。凹みは勿論ですが、塗装面にキズが付いてしまった場合は元に戻すためには鈑金塗装を行うしかありません。擦ってしまった箇所を見ると焦ってしまうことが多いのですが冷静に確認するとキズではなく単なる付着物であることも多いです。

付着ならば除去すれば良いだけの話なのですが、インターネット等に溢れる情報の中には、こういったケースではコンパウンド等の研磨剤を使用することを推奨しているような危険な情報も多いようです。ただ、コンパウンド等の研磨剤は、付着物を除去するために使用するケミカルではなく塗装面を研磨するために使用する強力なケミカルです。したがって、使用すれば付着物を簡単に除去することができますが、都合よく付着物だけ削り取ってくれると思いますか?

付着物に研磨剤を使うことに時間短縮以外のメリットは無く、それと引き換えに、塗装面を削ってしまうという極めて大きなリスクを背負いことになりますので研磨剤を使用することはご法度です。ワックスを使って時間をかけて丁寧に落とします。ワックスで落とせないとすれば、それは付着物ではなくキズなので、それ以上キズを拡大させないためにすぐに作業を中止します。

なお、キズもどきは所詮はただの付着物なので、こんなものを除去するのに追加料金等をいただくことはありません。あくまでも通常の洗車作業の一環です。

 

こんな場所をキレイにするのがプロの仕事です♪、編

当社スタッフのつなぎの膝はボロボロです。大半の時間は膝を地面に着いています。

 

エンジンルーム編

エンジンルームは基本的には作業対象外としていますが、月極定期仕上げをお任せいただいているクルマやお風呂de洗車を毎月定期的にご利用のクルマについては、エンジンルームも汚れ具合を見ながら適宜仕上げさせていただいています。

 

車室内清掃編

お客さまから「車室内清掃はどこまでやってくれるの?」と聞かれることは多いですが、当社の答えはこうなります。「クルマにより汚れている場所が違うため一概にはお答えできませんが、必要な作業を全て実施します」と。1台のクルマを30分や1時間程度の短時間で仕上げる洗車サービスの場合は、室内清掃についてこんなことが書いてあることがあります。「室内は掃除機をかけます」と。ただ、掃除機をかけるのは当然であり、そういうことを書いている洗車業者はたいてい掃除機がけ「しか」やりません(笑)

以下の写真はほんの一例です。汚れの状況に合わせて必要な作業を丁寧に実施させていただきます。

 

こんな場所まではキレイにしなくて良いですか?編

ボディの下側については特にキレイにする必要はありませんか?

 

番外編(ルームクリーニング編)

クルマは実に様々な素材の部品で構成されています。つまり、1台のクルマを隅々までキレイにできるケミカルと技術は、クルマだけでなくハウスクリーニングにも応用可能であるのは言うまでもありません。ここで、ほんの一例をご紹介します。