お風呂de洗車®

サザンクロスの「お風呂de洗車」®とは

当社は出張洗車専門の会社ですが、埼玉県越谷市のスーパー銭湯「越谷健美の湯」において、入浴時間を活用した洗車サービスを提供させていただいています。これは一種の「来店型洗車サービス」であるのは間違いありませんが、当社の出張洗車に対する基本スタンスから逸脱しない形態でのサービス提供が可能であると判断したため、出張洗車のひとつの形態としてサービスの提供をさせていただいています。

この種のサービス形態は珍しいものではなく、商業施設における買物時間を利用した洗車サービスや空港の駐車場での旅行中の時間を活用した洗車サービスは多く存在します。ただし、その多くはキーを預からずに外装のみを短時間で仕上げる簡易的な洗車サービスであったり、水を使用しないでケミカルだけで洗ってしまうスピード重視型の洗車サービスであるようです。「お風呂de洗車」も「時間の有効活用」という観点ではそれらと同じですが、洗車そのものに対するコンセプトが大きく異なります。それらの洗車サービスとの間に明確な線引きをするために、当社は「お風呂de洗車」というサービス名を商標登録しました。

なお、この「お風呂de洗車」は当社の出張洗車サービスのPR活動としての側面もありますので、出張スポット仕上げと同内容のサービスを定期仕上げの料金(※)でご提供しています。出張洗車サービスをためしてみたいとお考えの方は、埼玉県越谷市の健美の湯に足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

※通常は毎月の定期実施ではなく1回きりだけの実施の場合は「スポット仕上げ」の料金となります。

  

メリットは「利便性」ではなく「品質」と「安全性」

サザンクロスの「お風呂de洗車」は温浴施設で実施している入浴中の洗車サービスです。入浴時間を利用して洗車サービスを受けることができるので、ガソリンスタンド等の洗車サービスのように、洗車が終わるのを待っている必要が無いので非常に便利です。  

ただし、当社が「お風呂de洗車」というサービスを通じてお客さまにご提供させていただきたいと考えているのはそういった「利便性」ではなく、あくまでも「仕上げがりの品質」と「安全性」です。Mサイズのクルマの場合は3時間以上の時間をかけて隅々まで丁寧に仕上げます。手洗い洗車という同じ単語を使っていても、アルバイトスタッフが30分程度の短時間で仕上げてしまうような「手荒い」洗車とは全く別物だとお考え下さい。

お客さまに「待たれてしまう」と時間に追われた作業にならざるを得ません。洗車は清掃作業なので作業後にキレイになっていることは絶対条件です。ただし、お客さまの大切なクルマが清掃対象ですから、絶対に欠くことができない条件がもうひとつあります。それは「安全性」が確保されていることです。当社の洗車サービスは「安全かつ確実に」クルマをキレイにすることに軸足を置いていますが、これを実現するために絶対に必要なものは「時間」であると考えています。

 

利便性をウリにする類似サービスとは似て非なるもの

お客さまからこんなご質問をいただくことがあります。

デパートの駐車場やイベント会場等で実施してる洗車サービスと同じでしょ?

ショッピングモールやデパート等の商業施設、パチンコ店等の娯楽施設の駐車場、イベント会場等で洗車サービスが提供されているのを見たことがある方は多いと思いますが、それらの洗車サービスの多くは、30分から1時間程度の短時間で仕上げる利便性重視の簡易的な洗車サービスであるようです。
  
ただ、そのような簡易的な洗車方法で「安全かつ確実に」クルマをキレイにできるわけがありません。それらの洗車サービスの中には、作業時間を短縮するために洗車で最も重要な工程である水洗いを省略してケミカルをスプレーするだけの危険な洗車サービスもあるようです。当社の「お風呂de洗車」は1台のクルマを平均3時間以上の時間をかけて隅々まで丁寧に仕上げる洗車サービスですから、両者は名前は似て非なるものであることをご理解いただけるかと。

これがその質問に対する当社の答えです。

  

「バケツ1杯の水の洗車」と無水洗車は全くの別物

これもお客さまから良くいただく質問です。

御社の「バケツ1杯の水の洗車」は無水洗車という洗車方法と同じようなものでしょ?

答えは「No」です。

無水洗車と呼ばれる水を使わない洗車方法は、クルマのボディにケミカルを吹き付けて汚れを浮かせてから拭き取ることで水洗いを省略して仕上げる洗車方法です。特殊なケミカルを使うからキズがつかないから安心ですといったようなことが謳われていますがカーケアの世界はそんなに甘くはありません。この無水洗車と呼ばれる洗車方法は利便性をウリにする出張洗車業者が、作業時間を短縮して料金を引き下げるために好んで採用する簡易洗車であるようです。

また、水を使わないからということで「エコロジー」を謳っていることも多いようですが、そもそも愛車を洗車してもらうオーナーはそんなことを求めているのでしょうか?

もちろん、当社も環境対策に対して無関心ではありません。当社が採用している洗車方法ではカーシャンプー等の洗剤を一切使用しませんので、洗剤で泡だらけになった水を排水として垂れ流すようなことはありません。カーシャンプー等の洗剤を使用しないのはエコ対策ではなくクルマの塗装面をシミから護るためではありますが、結果として、非常に環境に優しい洗車方法であることは間違いないと考えています。

当社が「バケツ1杯の水の洗車」を洗車方法として採用している理由は、作業時間の短縮や作業の簡素化といった理由ではありません。あくまでも、この洗車方法がクルマにもっとも優しい洗車方法であると判断しているからです。

詳しくは別のコーナーで説明させていただきますが、当社の洗車サービスのメインが「月極定期仕上げ」であることを考慮いただければご納得いただけるのではないでしょうか。同じクルマを毎月定期的に仕上げるのですから、洗車する度に明らかに洗車キズが増えてしまうようなことがあれば、何年にも渡ってお任せいただけるはずありません。ちなみに、これまで月極定期仕上げを契約いただいたお客さまから、当社に依頼するようになってから洗車キズが酷くなったとのクレームをいただいたことは1度もありません。これが、この質問に対する明確な答えです。

当社の 「バケツ1杯の水の洗車」と無水洗車は目指している方向性がまったく違います。

越谷健美の湯「お風呂de洗車」について