カーケア業者を選ぶ際のポイント

洗車で重要な要素は「確実性」と「安全性」

クルマにできるシミの原因は汚れの「長期間の放置」です。写真はシミとして固着してしまうボーダーライン際にある汚れです。この段階であれば洗車で落とすことが可能ですが、このまま放置してしまうと次回の洗車の際には通常の洗車では落とせないシミになっている可能性があります。クルマの美観を維持するためには、汚れがシミに変わる前に確実に除去することが必要となります。

1台のクルマを隅々までキレイにするためには「相応の時間」が必要です。当社は定期仕上げをお任せいただいているクルマを毎月3時間以上かけて仕上げていますが、正直なところ、それでも「完璧にキレイにした」と断言するつもりはありません。清掃作業というものは、手を抜こうとすればいくらでも抜けてしまいますが、逆に拘れば拘るほどにゴールは遠ざかってしまうものでもあります。そもそも、洗車等の清掃作業にゴールなんて概念はないのかもしれません。

ただし、洗車に明確なゴールはないとはいっても、洗車サービスとしてお客さまにご提供するためには、ある程度の線引きが必要となります。つまり、自社としての品質基準です。定期仕上げについては、お任せいただいた時点の美観を維持することを当社のミッションと考えていますので、毎月の作業の仕上がりの品質基準は、放置するとシミになる可能性のある汚れを確実に除去していることです。

ちなみに、 毎月3時間以上の時間をかけて仕上げても完璧には汚れは落とせないと考えている当社からすると、1台のクルマを30分や1時間程度の短時間で仕上げてしまう洗車サービスは、自社の品質を定める際にどこに線引きをしているのか気になる所です。

ところで、仮にそのような短時間の作業でもある程度キレイにできる洗車サービスがあるとすると、それはそれで別の怖さがあります。その怖さとは、端的に言えば「安全性の欠如」です。短時間でクルマをキレイにするための手段は2つ考えられます。

1 強力なケミカルを使用する

化学的に強い成分を使ったり、コンパウンド等の研磨剤を使う方法が該当します。ただ、強力な化学物質は拭き残してしまえばクルマの塗装面に悪影響を及ぼす可能性があります。人間の皮膚でも炎症や肌荒れといった副作用を起こすのと同じですが、クルマの塗装面の場合は人間の皮膚と違って再生能力はありません。また、研磨剤を使えば多くの汚れは簡単に落とすことができます。ただし、研磨剤はの本来の用途は塗装面を研磨することです。時間をかければ研磨剤を使わなくても落ちるただの汚れを落とすために研磨剤を使うことは、落とす必要が無い大切なモノも削り取ってしまうことを忘れてはいけません。

2 作業スピードを上げる

これは作業時間の短縮による人件費の削減に直結するので、その結果として料金も下がるため、洗車サービス利用者にとってもメリットがあるようにも感じられますが、このことは本当に恐ろしいことであることをご理解ください。どんなに訓練を重ねても、スピードを上げれば上げるほど、絶対に精度と安全性は下がります。これは揺ぎ無い事実です。

年末の年の瀬を迎えると洗車のご依頼は著しく増えます。そのような時にご依頼を全て受けようとすると1日の作業台数が増え1台にかけられる時間も短縮せざるを得なくなります。そして、それにより集中力が低下した時、「キレイにならない」だけであればお詫びすれば許していただけるかもしれませんが、万が一不要な洗車キズを付けてしまったら一大事です。したがって、当社では、12月の年末だけご利用されるお客さまからのご依頼はほぼ100%お断りしています。プロの洗車業者ですから、キレイにするのは当たり前なのですが、それは「安全性」が確保されていてこその話なのです。

 

「手洗い洗車」と「手荒い洗車」は似て非なるもの

こんなことをおっしゃるお客さまは多いです。「自分はクルマを大切にしているので洗車機は絶対に使わずに必ず手洗い洗車を利用している」と。ただ、どんな手洗い洗車かお尋ねすると、ガソリンスタンドの手洗い洗車をご利用されていることがほとんどです。2~3千円くらいのお手頃な料金で受けられるガソリンスタンドの手洗い洗車サービスの場合は1台にかけられる時間はせいぜい30分程度の短時間か、長くても1時間程度ではないでしょうか。先述の「確実性」と「安全性」の問題に直面せざるを得なくなります。

ちなみに、最近の洗車機は一昔前に比べてかなり作業の精度が上がっていると思われます。そして、コンピューターで完全に制御された機械は、もしかすると人間より安全といえるかもしれません。もちろん、そんな機械も、経験を積み重ねた熟練の職人の手作業には敵わないかもしれませんが、少なくとも、経験の少ない未熟な人間よりは正確な動きをすることでしょう。加える力は一定以上加わらないように制御できる機械に対して、ほとんど洗車をしたこともないようなアルバイトのスタッフが手作業で加えてしまう必要以上の力はクルマにとっては脅威になることでしょう。ですから、さきほどのようなことをおっしゃるお客さまに対して、当社はこのようにお答えしています。

決して洗車機による洗車を推奨しているわけではありませんが、手で洗うからといって必ずしも安全と考えない方が賢明です。「手洗い洗車」と「手荒い洗車」は音は同じですが全く意味が違います。前者は、クルマの状態を知り尽くした職人の手による優しい洗車。後者は、手を使っているだけで、むしろ洗車機よりも危険かもしれない洗車です。大切なクルマの洗車を任せるのであれば、誰がどのような作業をしているかを見て判断されるほうが良いですよ、と。

 

本当に悪質なのは「やれるのに、やらない」業者

先述の「手荒い洗車」の多くは、そもそも低料金であるため短時間での作業になることは必然であり、利用者もそれを理解していて然るべきであるとも言えます。また、経験の少ないアルバイトスタッフが作業する可能性が高いことも、社会通念上、極めて当然であるとも言えるので、「手荒い」といった乱暴な表現はしているものの、決して業者が悪いわけではないかと考えています。

ただ、本当に悪質であると思われるのは、プロショップのフランチャイズとなってその看板を掲げて、お客さまからそれなりの料金をいただいているにも関わらず、それに見合うサービスを提供していない業者なのかもしれません。プロショップのフランチャイズをしていれば、フランチャイズ本部から、技術的なバックアップを受けていたり、各種ケミカルや機材等についての提供も受けているはずで、料金もそれなりの水準で設定しているので、「確実性や」「安全性」を確保しつつ、高品質な仕上がりの洗車サービスを提供できるはずである。しなしながら、現実的には、そうでないことも多いようです。

当社の月極定期仕上げをご契約いただいているお客さまの大半は、実は、当社と契約する以前は、某有名プロショップを利用されていた方です。何故なら、当社の料金も決して低い水準ではないので、当社でのご契約を検討される方は、そもそも洗車にそれなりの費用を投じている方が多いからです。つまり、2~3千円程度のお手頃の料金水準の洗車サービスをご利用されていた方ではなく、いわゆる「プロショップ」的な業者でそれなりの料金をお支払いになっていた方だということです。

新車から当社にご依頼いただくケースは意外と少なく、納車後数か月経過してからのご依頼が大半です。新車からの作業は、既存のお客さまがクルマを買い替えた時がほとんどです。そして、納車後、数か月経過してからのご依頼の大半は、先述のプロショップ系の店をご利用のお客さまです。その方々は、ディーラーやそのプロショップでガラスコーティングを施工され、その後定期的に、そのプロショップで洗車をされているパターンです。つまり、カーケアにはそれなりの料金を投じているのです。しかし、たったの数か月で、大切なクルマが残念な状況になってしまった。そして、当社に相談に来られるわけです。

当社では、最初にご依頼を受けた際に、作業前の段階では、コーティング施工の有無やそれまでどうやって洗車されていたかはお聞きしません。隅々まで洗車をしながら状況を見れば、どんな状態であるかは分かるので、事前に色々お聞きする意味があまりなかったりするからです。ただ、作業していると、当社に依頼する前はそのプロショップを利用されていたことが分かったりします。そのプロショップ系の店を利用されていた方のクルマは、腰または膝の高さの上側部分と下側部分がはっきりと差があるからです。

ガソリンスタンド等のいわゆる「手荒い洗車」をご利用の方のクルマは、正直なところ、全体的に状態が悪いことが多いのですが、そのプロショップ系のお店をご利用の方のクルマは、上側と下側で露骨に差があったりします。上側の目につきやすい所はかなり状態が良かったりする反面、膝をつかないと確認できないような低い部分にはピッチ、タール、鉄粉等がびっしりこびりついていたりします。つまり、技術的に出来ないのではなく、あえてやらないだけのケースが多いのです。

ただ、冷静に考えると、クルマの汚れは上側よりも下側の方がシビアであるのは当然だし、上側はある意味自分でも簡単にできるが、下側をキレイにするには技術も労力も必要です。つまり、本来、プロが力を注ぐべきなのは上側ではなく下側であるのかと。そういうプロショップでは作業風景を見学できることも多いと思います。今度、見る機会があったらどんな姿で作業しているかをご覧になってみてください。ちなみに、当社の職人は、作業時間の大半は膝を着いて作業をしています。何故なら、その体制にならないと汚れを目視することはできず、また人間のカラダの筋肉は目から入ってい来る情報を元に動きます。朝起きて髭を剃る際には、剃る部分を鏡に映しながら剃ると思います。鏡に映さないで髭剃りを当てても、上手く剃ることができないのと同じです。

だから膝も着かずに、腰だけ折り曲げて、腕だけ下げて下側をキレイにしようとしても、ちゃんとキレイになるわけがないんです。洗車スタッフのつなぎの膝を見れば、どんな作業をしているか容易に想像できるはずです。「膝を着かない作業はプロの洗車に非ず」、当社はそう考えています。

 

カーケアの世界も「巧言令色鮮し仁」

カーケア業界にかぎらないことだと思いますが、世の中、口先だけで調子の良いことばかり言う人はあまり信用できないことが多いのかもしれません。まさに、論語の中の「巧言令色鮮し仁」(こうげんれいしょくすくなしじん)との孔子の教えの通りかと。こと、カーケアの世界においては、甘い言葉ばかりを投げかけてくる人をあまり信用しないことが賢明です。世の中には洗車を趣味にされている方もいますが、そんなのは極めて少数派であり、「洗車なんかしたくない。できるだけ楽をして愛車の美観を維持したい」と願うのが普通です。だから、カーケア業界は、その心の隙間を狙い撃ちしてきます。

・このコーティングを施工すれば汚れにくくなるから洗車の回数が減らせます!
・洗車だけで〇年間持続します!
・塗るだけで驚異の撥水力が〇ヶ月持続します!

こういった類の謳い文句の根拠は乏しいですが、逆に、効果や持続期間を否定することも難しいので、軽く聞き流せば良いのですが、軽く聞き流せないのがこういった類の謳い文句です。

・誰でも簡単にキズが消せます!
・このタオルは絶対にキズがつきません!
・当社の洗車は洗車キズをつけません!

洗車用品で「誰でも簡単にキズが消せる」なんて謳っている商品は、ほぼ間違いなくコンパウンド等の研磨剤を含んだケミカルです。クルマの塗装面のキズを消す方法は2通りしかありません。研磨してキズを消すか、キズを埋めるかのどちらかです。鈑金塗装は、そもそも塗装をし直すから、キズを消すとは言わないのでしょうから。そもそも、キズというのは、塗装面が抉れてできたもの。イメージとしてはグランドキャニオンのイメージです。もし、グランドキャニオンを消すには、コロラド川の川底の高さに合わせて川岸を削って平面にするか、谷間に砂を埋めるかのどちらかです。前者が「研磨」、後者がワックス等でキズを埋めるイメージ。

前者はキレイな平地にすることが理論上可能ですが、作業がとてつもなく大変であることに加えて、削ってしまった岩盤は復元しないので、この処理を繰り返すことには限界があることが大きなデメリットです。後者は作業は比較的簡単ですが、雨が降ったら埋めた砂がすぐに流れてしまうことがデメリットです。クルマに話を戻すならば、研磨によりキレイな塗装面を復元することは可能ですが、手作業で完全な平面を復元することは困難であるので、相応の技術が必要なことと、削れる塗装面の厚さには限界があるということを忘れてはいけません。また、ワックスで埋めることでキズを消せる(隠せる)なんていう話も聞いたことがあるかもしれませんが、がっかりさせることが本意ではないのですが、そんなのは気休めに過ぎません。

つまり、クルマのキズを誰でも簡単に消せるケミカルなんてあり得ないのです。そういったいい加減な謳い文句を掲げるケミカルのPRで良く使われるのが、クルマのドアカップの爪痕消しです。あの爪痕は、爪でついてしまったキズに汚れがつまって黒くなっているのですが、この汚れを除去すると、あたかもキズが消えたように見えてしまいます。それをもって「キズが消える!」なんていうのはある意味で詐欺的商法であると言えます。ドアカップのような複雑な球面、しかもドアハンドルがあるために上手く手を動かせない状況で、手作業だけでキズを消して平面にできるとしたら、まさに神業です。いずれにしても「誰にでも簡単にキズが消せる」と謳ってある時点で、そのカーケア用品メーカーに誠意を感じないので購入は見送るのが賢明かと。

次に「絶対にキズがつかない」タオルやスポンジ。こういった謳い文句を平気で掲げる業者も危険です。正しい洗車方法を理解すれば納得いただけると思いますが、キズがつくかつかないかの原因の多くは、使うタオルやスポンジの問題ではなく、その使い方にあることが大半です。どんなに柔らかい繊維のマイクロファイバーでも、力の入れ方を間違ってしまえば簡単に線キズがついてしまいます。逆に、ただの温泉タオルでも正しく使えば、ほとんどキズはつきません。この手の謳い文句にも注意してください。

こんなことを平然と言う洗車業者は実に多いです。「絶対に洗車キズをつけません」と。当社のように、毎月定期的に何年にも渡り同じクルマをお任せいただくことを仕事としている洗車業者としては、こんないい加減な台詞は絶対に口にできません。何故なら、どんなに丁寧に作業をしても、洗車キズがゼロにできないことを嫌というほど理解しているからです。「当社の洗車はキズがつきます!」なんて開き直っているわけではありませんので、誤解しないでいただければ幸いです。そんなことを口にすることができるのは、その業者が専属洗車業者として、同じクルマをずっと任されているわけではないからではないかと推察します。

洗車キズは一切つけずにクルマをキレイにすることは不可能なんです。ただ、この事実から目を逸らさずに正面から向き合っているからこそ、その洗車キズを極限まで減らすための努力を重ねられるのだと考えています。お客さまに「洗車キズはつくの?」と聞かれたら、「つきます。ただし、それを極限まで減らす努力をさせていただきます」と回答しています。また、多くの洗車業者は「ピッカピカになります!」とか「キレイさが違います!」といったことを謳われるようですが、プロの洗車なのでキレイになるのが当たり前であって、しかも「キレイさ」に違いなんて無いと思うので、あまりそういったことも口にしないようにしています。「キレイになるの?」と聞かれたら、「終了後に汚いと言われたことはありません」といった程度でお答えしています。カーケア業界も「巧言令色鮮し仁」だと思っています♪

 

「それを言ったらアウト」的なセリフを聞き逃さない

カーケアの世界の「巧言令色鮮し仁」についていくつかお話をしてきましたが、いい加減な業者を見逃さないための大切なポイントをお伝えします。この話については、直感的には異論を唱える方もいらっしゃるかもしれませんが、冷静に考えていただけばご納得いただけると確信しています。それは、カーケアに纏わる話の中で頻繁に取り上げられる「色」に関するテーマです。こんなセリフを口にされている方は、貴方の周りに沢山いらっしゃいますよね?

・黒は汚れやすい
・黒はキズがつきやすい
・黒は洗車が大変だ

こう考えている方が実に多いので、どこに問題があるか分からない方も多いとは思いますが、上の3つは全て間違いです。間違いというよりも勘違いと表現するほうが適切かもしれません。正しく言い換えると以下のようになると思います。

・黒は汚れが「目立ち」やすい
・黒はキズが「目立ち」やすい
・黒「も」洗車が大変だ

3つ目は正直なところ微妙ですね。当社的には、同じレベルのキレイさを目指すならば、汚れが目立ちやすい黒は、汚れが目立ちにくい淡色系やパール等よりも、むしろ洗車が楽であると考えますが、世の中の方にとって、そもそも洗車は大変であるので、一般的な解釈でいけば、大変さにおいて他の色と変わりはないと考えるのが妥当かと思料します。

冷静に考えると当たり前のことなのですが、世の中の多くの方に冒頭のような勘違いをさせている犯人はカーケア業界にあると考えています。例えば、「黒は洗車が大変だから違う色にした方がいいですよ」と言って別の色をオススメする営業マンは多いと思います。オーナーが洗車をしない前提に立てば、汚れが目立つ黒よりも、汚れが目立たないシルバーなどを選択するのは間違っていないとは思いますが、どうせ洗車をしない方と思っている方に「洗車が大変だから」というのは少し違うのかなと。どの色でも洗車をしないのだからそもそも大変も何もないという話。プロが発するそういった何気ない言葉が、一般の方の記憶には残りやすいのだと思っています。

また、「黒だから大変なので割増料金をいただきます」なんて言うコーティング業者や洗車業者も実際にいるようです。冷静に考えるとおかしな話なのですが、「黒=大変」という方程式が脳裏に焼き付いているから、こういった割増料金も当たり前のように感じてしまうのかもしれません。さきほど、軽く触れたのですが、クルマの「キレイさ」を同じレベルにするとしたら、本当に大変なのは、黒ではなくむしろ淡色系やパール、シルバーなのだと思います。何故なら、汚れが目立ちにくいから、それらを確実に落とそうとするならば、いろいろな角度から見直したりする必要があるのですが、黒は結構簡単に確認できてしまうのです。また、長い目で見ると、キズが目立ちにくい淡色系は、キズが目立ち始めた頃には既に手遅れな状態になってしまっていることも多いので、キズが目立ちやすい黒や濃色は、クルマの輝きを維持するうえでもメリットがあるといえます。さきほどの「黒は大変だから割増料金をいただきます」と真顔で言っている業者は、ある意味でこう言っているのと同じです。「汚れやキズが目立たない色のクルマは気が楽だ」と。

最後に、本当に怖い話です。日本人なら誰もが知っているカーケア用品メーカーのカーケア用品の商品ラベルや使用説明書にこんなことがサラッと書いてあります。その他多くのメーカーも勿論書いています。

「黒や濃色系のクルマはブラシキズが目立つので洗車機ではなく手洗いをおススメします!」

きっと多くの方がこう思うはずです。「なんだ、そんなの当たり前じゃないか!」と。でも、冷静に言葉を噛みしめながら読んでください。この短いフレーズに嘘はひとつも書いていません。もし、「黒や濃色系のクルマはキズがつきやすいから・・・」と書いてあったら嘘なのですが、ここには正しく「キズが目立つ」と書いてあります。ただ、怖いのは「目立たなければ問題ない」とカーケア業者が言ってしまっていることです。一般の方が口にするならともかくとしても、大手カーケア業者が書いてしまっていることが恐ろしいのです。当社だったら、オーナーの時間や体力に問題が無いのなら、「全ての色のクルマ」のオーナーに洗車機ではなく、手洗い洗車をおススメします。何故ならば、プロとして、目立たないからこその怖さを知っているからです。

 

カーケアでもインフォームド・コンセントが必要です

ヘッドライトの黄ばみで頭を悩ませているオーナーは多いと思います。実際、スーパー銭湯で実施している洗車サービスにおいてもヘッドライトの黄ばみに関するご相談はダントツに多いです。ただ、ヘッドライトの話については、非常にデリケートな話を含んでいるので、当社も時間をかけてご説明をさせていただいます。

まず、ヘッドライトの黄ばみの原因について正しく理解をすることが必要です。ヘッドライトのレンズが黄ばんだり白く曇ってしまう直接の原因は樹脂レンズ表面のクリア塗装の劣化です。つまり、レンズの黄ばみや曇りを解消するためには、劣化してしまったクリア塗装を剥ぎ取るしかありません。 剥ぎ取り方は大きく分けて2つ。 研磨して削ぎ落とすか 強力な薬剤で溶かしてしまうかのどちらかですが、 劣化したクリアを剥ぎ取って樹脂レンズを剥き出しにするのですから、いずれの手段であったとしても間違いなくレンズの透明感が復活します。ただ、問題はその後です。

強制的に剥ぎ取ってしまったレンズ表面のクリア塗装はレンズを保護するために施工されていたものですから、理想としては 再度クリア塗装をしたりプロテクションフィルム等を施工して保護することが必要です。ただし、それらはそれなりの費用が必要であるためガラスコーティングを施工するのが一般的です。ガラスコーティングの効果が1年程度持続するという業者も多いようですが、実際には、施工後に適切なケアをした場合でも持続期間は数か月であると考えるべきです。コーティング皮膜が無くなり樹脂レンズが剥き出しになってしまった何が起こるかはご想像に難くないかと。 数ヶ月後に最初の黄ばみよりも酷い黄ばみになって再発することになるのです。

ヘッドライトの黄ばみの原因を「経年劣化」 で片付けてしまう業者も多いようですが、そういう業者はカーケアの素人だと判断すべきです。 ヘッドライトレンズの黄ばみや曇りの直接的な原因は表面のクリア塗装の劣化であると書きましたが、その根本的な原因は「汚れの放置」です。厳しい言い方になりますが、オーナーが定期的な洗車をしなかっただけのことなのです。定期的な洗車を続けてさえいれば、10年経ってもヘッドライトレンズは絶対に黄ばみません。つまり、ヘッドライトを黄ばませてしまったオーナーは、定期的な洗車をされない方であるということが証明されてしまっているので、先述のガラスコーティングの効果はより短くなってしまうことでしょう。

オーナーにとって耳の痛い話をして、オーナーにヘッドライトの黄ばみの本当の原因をご理解いただいた上で、再発リスクと再発防止方法もご理解いただかなければ、クリア塗装を強制的に剥がしてキレイにしたところで、それは一時的なキレイさに過ぎず、その後も再発と再施工の無限ループという負の連鎖に陥らせてしまうだけです。

この話は憶測や推測で書いているのではなく、カーケア業者に依頼して一時的な輝きを取り戻したものの数ヶ月後に再発してしまった多くの方から実際にご相談を受けているので、そのような方を一人でも減らしたいとの想いで書かせていただいています。 ヘッドライトの輝きを取り戻してくれる業者の広告をネット上で見かけると思いますが、本当の原因や施工後のリスクの説明はされていますか?

当社は、顧客に対してあらゆるリスクについても十分な説明をした上での合意、つまり 「インフォームド・コンセント」は、 医療の世界だけではなくカーケアの世界でも求められるべきかと考えています。

 

カーケア業者選びのポイント(まとめ)

色々な観点で書かせていただきましたが、こういった話を念頭において、カーケア業者の話を聞いてみてください。また、一方的に説明を受けるだけではなく色々と質問をしてみてください。その答えで、そのカーケア業者の考え方やスタンスが窺い知れるはずです。最後に、そのカーケア業者のことを本当に知るための最も有効な方法をお伝えします。

それは、そのカーケア業者のスタッフのマイカーを見せてもらうことです。自分のクルマをキレイに維持できていない人に、他人のクルマをキレイにすることは絶対に不可能です。

当社の代表者が新車から21年乗り続けているS15シルビアです。