手で洗えば「手洗い洗車」というわけではない

一般的には、洗車機はキズがつきやすい、手洗い洗車はキズがつきにくいというイメージかと。こんなことをおっしゃるお客さまは多いです。「私はクルマを大切にしているから洗車機に通したkとはありません。いつも手洗い洗車をしてもらってます」と。でも、洗車機ではない手洗いだとしても、その洗車がワイルドな「手荒い」洗車だとしたら、洗車機よりずっと危険かもしれませんよ。

機械はプログラムで決められた通りのことしかできません。でも裏を返せば、決められたことは的確に行うことが可能です。現代の高度な技術をもってすれば相当精度の高い機械が作れます。それに対して、人間はといえば機械とは全く逆で同じ動きをする人間は皆無です。それぞれの人間の脳で判断し、動きの精度も経験や技量により個人毎に全くことなります。この個人差が吉にも凶にもなるのです。 ボディの状態を知り尽くした自分のクルマを洗車するなら問題はないかもしれませんが、プロとして、お客さまのクルマを洗車する場合は事情が異なります。

クルマのボディの状態はクルマ毎に千差万別であり、付着している汚れも実に多種多様です。どれが落とせる汚れでどれが落とせないシミなのか。一見するとキズに見えても実は落とせる汚れもあります。それらを正しく見分けてベストな処理方法を選択した上で適切な力加減で処理をする。機械にはそういった芸当はできません。こういった人間にしかできないような繊細な作業のことを「手洗い洗車」と呼ぶのだと考えています。

ただ、洗車サービスの料金を引き下げるために、短時間で作業するように指示されてしまうと、洗車スタッフは時間的余裕が無い中で作業するしかないので闇雲に作業を進めざるを得なくなります。急いで作業するものだから汚れもしっかり落とせないし、力が入りすぎて許容範囲以上の洗車キズをつけてしまう危険もあります。もはや、こうなってしまうと、プログラムで決められた作業しか行うことしかできない洗車機の方が良い仕上げをする状態であると言っても過言ではありません。

洗車作業に慣れてなさそうなアルバイトスタッフが、時間に追われて、闇雲にスポンジやクロスで擦っている姿を見るととても不安になります。ゆっくり作業することとじっくり作業することは全く意味が異なります。時間に追われた作業にならないために、当社は出張スタイルの洗車サービスにこだわっています。 決して安い料金だと思っていませんが、ボディを「安全かつ確実に」キレイにできる作業時間を設定しそれに見合った料金をいただいています。

汚れが落ちていないことをお客さまからご指摘いただいた時に「この料金と作業時間ではそこまで丁寧な作業はできません」なんて言い訳を口にすることは絶対にできません。なぜなら、その料金設定やや作業時間を決めたのは業者自身なのですから。