シミは放置の証、洗車キズは愛情の証

こんなことをカーケアのプロが口にするとガッカリさせてしまうかもしれません。ただ、どんなに柔らかいクロスを使ったとしても、どんなに丁寧に作業をしたとしても、残念ながら洗車キズをゼロにすることは不可能です。でも、当社はこの厳しい現実から目を逸らさずに真正面から向き合っているからこそ、その洗車キズを極限まで減らすら努力を重ねることができているのだと自負しています。

世の中には「絶対に洗車キズをつけません」なんて台詞を軽々しく口にする洗車業者も存在しますし、「絶対にキズがつかない」と謳っている洗車用品も多数販売されています。でも、洗車キズと真正面から向き合っている当社はそんないい加減なことは決して口にすることはできません。マイクロファイバークロスを使えばキズがつかずに安全だと信じている方は多いと思いますが、マイクロファイバーを使ったとしても力の入れ方を間違えば簡単に洗車キズはついてしまいます。また、スポンジは柔らかいほど安全だと認識されている方多いと思いますが、実際には、柔らかいと指が沈みやすいのでボディに対して「点」で力が加わりやすためキズがつきやすく、ある程度硬さがある方が「面」で力を加えることができるメリットがあるという考え方もあります。つまり絶対に安全な洗車用品なんて存在しないのです。

洗車キズを一切つけないための方法は極めて簡単なことです。洗車しなければ良いだけことです。 ただ、洗車せずに汚れを長期間放置してしまえばシミが増えてしまいます。もちろん、洗車キズか シミかどちらかを選べなんて単純な話ではないのですが、カーケアはこんなジレンマとの闘いであるという側面があることを念頭におかなければなりません。

当社はこのテーマについてこう考えています。

クルマのシミは放置した証であり
洗車キズは愛情を注いだ証である

ただ、愛情を注いだ証とはいえ、洗車キズはできるだけ少ない方が良いに決まっています。愛情というものはただ闇雲に注げばいいというものではありません。そんなのは独りよがりの愛情です。常にクルマの状態を確認しながら、洗車キズを極限まで減らすための努力を重ねることが大切です。それを実現するためのポイントは「ゆっくり、優しく、丁寧な」作業を徹底することです。これぞ究極の愛です。

当社は洗車キズを減らすためのベストの方法が「バケツ1杯の水の洗車」だと考えているので採用しています。簡易洗車であるとか、そんなやり方ではキズがつきやすいのではないかと誤解されがちですが、当社の作業をご覧いただければ、それが理にかなった洗車方法であるかをご理解いただけると確信しています。ちなみに、当社が提供する洗車サービスのメインは定期仕上げです。つまり、同じクルマを毎月定期的に何年にも渡って洗車をお任せいただいています。そして、その際に実施している洗車方法は「バケツ1杯の水の洗車」です。洗車する度に洗車キズが明らかに増えていくような洗車方法なら、クレームの電話が殺到するはずですし、そもそも何年にも渡ってお任せいただけるはずがありません。でも、実際には、定期仕上げを開始した方で中途で解約された方はほとんどいません。

しかしながら、洗車するたびに洗車キズは必ず増えます。当社のお客さまにはこのようにご説明させていただいています。「当社が仕上げても必ず洗車キズはつきます。ただし、いわゆる「手荒い」洗車が1回の洗車で付けてしまう洗車キズの量を1年かけてつけてしまうレベルだとご理解ください、と。