クルマのキズを簡単に消せるわけがない(2)

よほど注意していなければドアカップ周辺には必ず爪でキズがついてしまいます。そして、そのキズに手アカ等の汚れが詰まることで非常に目立ってしまいます。 残念ながら、そのキズは磨きのプロでもないかぎりは消すことは困難なのですが、キズに詰まった汚れを除去することで目立たなくすることは可能です。ただし、 キズが消えたように見えても、あくまでも汚れが落ちただけの話です。

カーケア用品メーカーの中には「誰でも簡単にキズを消せる」といったことを謳い文句にした洗車用ケミカルを販売している会社もあります。某大手カーケア用品メーカーが販売するコンパウンドの広告の中で説明用動画に使われていたのがドアカップのクリーニングでした。いかにも洗車に不慣れな女性が作業していましたが、みるみるキズが落ちていくように見える動画でしたが、なんてことはない、爪のキズに詰まった汚れが落ちただけの話です。

キズというのは塗装面が物理的に抉れたもの。それを消すためにはキズの底面に合わせて周囲一帯を研磨して再度完全な平面に復元しなければなりません。ドアカップは、非常に複雑な形状をしており、かつドアノブに隠れているドアカップを研磨の訓練を受けていない一般の方が、手作業で完全な平面に戻せると思いますか?

ちなみに、洗車用ワックスを販売する業者の多くが、ワックスでキズを隠すという表現を多用しますが、当社では基本的にはそういった表現はしません。ワックスで仕上げることで多少キズが目立たなくなることは事実ですが、そんなのは一時的な処置に過ぎません。そして、こういった表現をしてしまうことで、ユーザーにキズを消せるという誤解を生む可能性があるからです。

誰でも 簡単にキズが消せるといったいい加減な謳い文句の洗車用ケミカルを販売するメーカーからは、オーナーのクルマに対する愛情に寄り添うスタンスは感じません。 仮に、キズの箇所周辺についてはそれなりにキレイに研磨できたとします。でも、そこだけ集中的にコンパウンドで削ってしまったクルマの塗装がどんな状態になってしまうかを理解していれば「誰でも簡単にキ ズが消せる」なんて恐ろしい台詞は絶対に口にできません。

クルマのキズは簡単に消せるわけがないのです。