レビューに振り回されることなかれ

カーケア用品にかぎらず、ネットショップ等でモノを買う際にはレビューに目を通して他人の評価を参考にしようとするのは当然です。 でも、本名や身分を明かさず、しかも実際にその商品を購入していなくても書き込むことができてしまうネットショップのレビューを一生懸命読むよりも、販売している会社のホームページを隅から隅まで読んだ方が断然有意義かもしれません。なぜなら、そこからはその会社のポリシーやスタンスが明確に読み取れるからです。

カーケア用品のレビューの中には、正直なところ、根拠が不明確な個人の感覚に基づくものや、錯覚、勘違いや思い込み等によるものが散見されます。 そもそも、クルマのキズがケミカルなんかで消えるわけがないのに「全くキズが消えませんでしたので評価は星ひとつ」とか、ドアカップの爪キズに詰まった汚れが取れただけなのに「魔法のようにキズが消えました」といったものもよくあります。

クルマの汚れ具合や洗車キズの見え方は季節毎に異なるのは当たり前で、天候状況や太陽光の当たり方等によってまったく異なります。極端な例では、作業中、光が当たる側は洗車キズが目立つのに、反対側から見るとまるで見えないこともあります。 しかも、同じクルマを同条件で比較しないかぎり艶の違いや持続性の違いを比べることなんてできるわけがないのに、「○○の方が深い艶が出る」とか「○○より格段に持続性が良い」と断定していたりします。正直なところ、ケミカルの持続性なんて、プロでも良くわかりませんから。

カーケアの本質を理解すると、カーケア用品のほぼ全てのレビューやコメントが意味の無いものに見えてしまうかもしれません。写真のバイクは、水とクリーナーワックスだけ仕上げました。うだうだとコメントを書くよりもこの写真1枚の方がよほど情報量が多いとは思いませんか?