洗車の意義は汚れの滞留期間のリセット(2)

いつも群馬から埼玉までたかが洗車のためだけに足を運んでくださるありがたいお客さま。朝から2人がかりで3時間もの時間をかけて隅から隅まで丁寧に仕上げさせていただきました。ただ、今夜降る予定の大雨で間違いなく汚れてしまうのは確実ですが・・・。

それでは意味がないと考えてしまうか
それでも意味があったと考えられるか

この違いがカーケアの勝ち組になれるかどうかの最大の分かれ目です。梅雨時期や台風シーズンは雨が続きます。そんな中で数少ないチャンスを活かして洗車できる方はカーケアの基本を理解されている方です。

長期間放置して「滞留したままの汚れ」と
洗車して一旦リセットした後に「再度付着した汚れ」は
見た目は同じでも全く意味が違います。
前者はシミの予備であり、後者はただの汚れ。

洗車自体が趣味の方の中には「雨の前こそ洗車しましょう」なんて言う方もいますが、それは正直なところ的を射ていないと言わざるを得ません。当社が言うならこう言います。「たとえ、明日に雨が降ると分かっていても、次にいつ洗車できるか分らないなら、迷わずに洗車しましょう」です。 これが、カーケアの鉄則です♪

2019年6月27日 サザンクロスのフェイスブックページの投稿記事