目的はエコではないが結果的にもっともエコな洗車

当社の「バケツ1杯の水の洗車」の水洗いの工程で使用するのは普通の水道水と2枚のマイクロファイバークロスだけです。カーシャンプー等の洗剤は一切使用しません。また、水洗い終了後の作業で使用するワックスもごく少量です。こういったバケツを水源とするの洗車方法を採用している業者は当社の他にも多数存在しますが、その業者の多くは「エコ洗車」としてPRしているようです。ただ、当社としてはエコを目的としてこの洗車方法を採用しているわけではなく、クルマに最も優しい洗車方法だと判断しているので採用しています。

今の時代において、エコに対する高い意識は必要なのは言うまでもありませんが、自分の大切なクルマの洗車を任せる洗車業者を選定する際にエコ的な要素を重視されますか?

いわゆる「一般的な洗車」での水洗いの方法は、クルマ全体に放水してから、カーシャンプーで泡だらけにして洗い、最後にまたホースや高圧洗浄機で大量の水を放水して泡を流すといったもの。そして、この洗車方法では、カーシャンプーの洗剤成分を含んだ大量の水が排水として流れ出ます。このことが環境に良くないことは理解してはいるものの、クルマには優しい放水型洗車を行う以外に選択肢はありません。

ただ、この「放水型洗車」は本当にクルマに優しい洗車方法なのでしょうか?

泡だらけにして洗えばキズがつきずらいと誤解されている方は多いようです。ただ、本当は洗車キズの大半はスポンジで泡だらけにして洗っている時ではなく、泡を水で流した後に水滴を拭き取る作業の際についているのです。つまり、泡だらけにして洗ったからといって洗車キズがつかないという話ではないのです。 そして、放水型洗車の最大のデメリットは拭き取り作業が乱雑になりがちであるということ。何故ならば、水滴が乾く前に水滴を拭き取ろうとするために急いで作業を進めることになります。

晴れた日に屋外で作業した場合は、どこか1ヶ所を拭いている間に他の場所はあっという間に乾いてしまっていることでしょう。拭き取る前に水滴が乾いてしまうと、水に含まれるカルシウム等が固着したりカーシャンプーの成分等が残ってしまいウォータースポットの原因となります。また、一番厄介なのが、既に乾いてしまっている場所を拭いてしまうことで、既に水滴が乾いてしまっている箇所を拭くと、洗車キズが大量についてしまいます。

要するに、一般的な洗車方法である「放水型洗車」は環境にもクルマにも優しくない洗車方法であるといえます。ちなみに「バケツ1杯の水の洗車」はクルマに優しいので、クルマのボディを長持ちさせることが可能です。クルマ1台作るのにどれだけの資源が必要か想像できますか。

冒頭で「バケツ1杯の水の洗車」の目的はエコではないと書きましたが、結果的に、とてつもなくエコな洗車であることをご理解いただけましたでしょうか?

「バケツ1杯の水」の洗車はクルマにも環境にも優しい愛に溢れた洗車です♪

貴方が当たり前に採用している洗車方法が、環境にもクルマにも優しくないと知ったらどうお考えになりますか?