カーケアにおけるインフォームド・コンセント(説明と合意)

クルマのヘッドライトレンズの黄ばみや曇りの直接の原因は樹脂レンズ表面のクリア塗装の劣化です。つまり、その黄ばみや曇りを解消するためには劣化したクリア塗装を剥ぎ取るしかありません。そして、剥ぎ取り方は大きく分けて2つ。 研磨して削ぎ落とすか 強力な薬剤で強引に溶かすかのいずれかです。

劣化したクリアを剥ぎ取るのですからどちらのやり方でもキレイにはなるのは間違いありません。ただ、問題なのはその後です。 剥ぎ取ってしまったクリア塗装は元々なんのためにされていたのかということを考えれば自ずと答えが出るのかと。再度クリア塗装を施すのが理想なのでしょうが、ガラスコーティングを施工するのが一般的です。ただ、塗装とは違い、あくまでも一時しのぎに過ぎないことをご理解ください。そして、コーティング皮膜が無くなって樹脂レンズが剥き出しになってしまったら何が起こるかはご想像に難くないかと。 数ヶ月後に最初の黄ばみよりも酷い黄ばみとなって再発します。

ヘッドライトの黄ばみの原因を「経年劣化」 で片付けてしまう業者は沢山いますが、そういう業者は、ある意味でカーケアの素人だと判断すべきです。 ヘッドライトレンズの黄ばみや曇りの直接的な原因は表面のクリア塗装の劣化であることは先述の通りですが、その根本的な原因は汚れの放置です。厳しい言い方になりますが、オーナーが定期的な洗車をしなかっただけのことなのです。定期的に適切な方法で洗車してさえいれば10年経ってもヘッドライトレンズは絶対に黄ばみません。

オーナーにこういった耳の痛い話をして本当の原因や再発リスクと再発防止方法を理解いただかずして、クリア塗装を剥がして一時的にキレイにしたところで、その後も再発と再施工の無限ループに陥らせてしまうだけです。なお、多くの業者がガラスコーティングの効果が1年以上持続すると説明しているようですが、実際には数か月持続すればラッキーだと思った方が賢明です。しかもそれは、定期的な洗車をする場合の話です。定期的な洗車をせずに放置すれば2~3か月もしないうちにコーティング皮膜等喪失してしまうと考えるべきです。

この話は推測で書いているのではなく、カーケア業者に依頼して一時的に輝きを取り戻したものの、数ヶ月後に再発してしまった多くの方からご相談を受けており、そのような方を一人でも減らしたいので書いています。 ヘッドライトの輝きを取り戻してくれる業者の広告をネット上で見かけると思いますが、その広告の中で本当の原因や施工後のリスクの説明はされていますか?

当社は、顧客に対してあらゆるリスクについても十分な説明をした上での合意、つまり 「インフォームド・コンセント」は、 医療の世界だけではなくカーケアの世界でも求められるべきかと考えています。