カーケアの世界における悪魔の証明

あまり耳慣れない言葉かもしれませんが「悪魔の証明」という言葉があります。元来は所有権帰属の証明の困難性を表す言葉なのですが、一般的には「無いことを証明するのは困難である」といった意味で使われます。そこから派生して、「ある」と主張した側がそれを先に証明しなければならないという、議論の一般的ルールを指したりすることもあるようです。ちなみに、「そちらが先に無いことを証明せよ、さもなくば有るのだ」と主張するような詭弁のことを「悪魔の証明」と表現することもあるようです。

分かりやすい例をあげます。「宇宙人がいること」を証明することは可能です。1体でも宇宙人を捕まえれば良いのですから。でも、逆に「宇宙人がいないこと」を証明するためには、宇宙全体を隅々まで調べて居ないことを証明しなくてはならないので実質不可能です。「宇宙人がいないことを証明せよ。できないのなら宇宙はいるのだ」。この詭弁がまさしく「悪魔の証明」です。

当社のお客さまが施工したコーティングの件で施工業者とトラブルになったことがあったそうです。トラブルの原因は、施工業者から「5年持続する」と説明されていたコーティングの効果がたった数ヶ月で無くなってしまったからというものでした。こんなやり取りがあったそうです。お客さまが「コーティングの効果なんて既に無いんじゃないのか?」と担当者に言ったところ、「そんなわけはありません。無いと主張するのであればそれを証明してください」と反論されたそうです。どのように思われますか?

この場合は、議論の一般的なルールとしては、「ある」と主張する業者がすべきなのです。透明で見えないコーティング皮膜をあると証明するのは相当難しいとは思いますが・・・。ちなみに、あるか無いかは水弾きの具合でわかるというご意見もあるかもしれませんが、コーティング皮膜が無かったとしても、汚れを完璧に除去してある塗装面では十分に撥水しますし、ガラスコーティングを施工してから数ヶ月経過していたら施工直後のような撥水はしませんので、水弾きだけで見分けるのは困難かと思います。

このトラブルは、最終的には再施工ということで決着したそうですが、果たして再施工後は何ヶ月くらい持続するのかということは、悪魔ではなく神のみぞ知る、ということかもしれませんね。