「黒は大変だ!」はカーケアの本質をついていない

昨今のクルマのカラーバリエーションは豊富ですが、黒は今の時代でも不動の人気の車体色です。ただ、この黒という車体色に関しては誤解が多いのも事実です。

黒は洗車が大変だ
黒は汚れやすい
黒はキズがつきやすい
黒はムラになりやすい

4つともただの勘違いです

黒は汚れやキズが「つきやすい」のではなく「目立ちやすい」だけのことです。 また、黒は「ムラになりやすい」のではなく「ムラが目立ちやすい」だけの話。でも、これは逆の見方をすれば、洗車キズが増えたら早期に発見できるのだら、致命傷になる前に洗車方法を見直せる。また、ムラが目立つのだからワックスの拭き残しも回避しやすい。

車体色は洗車の方法や使用するケミカルに一切影響しないのですが、あえて車体色別の話をするならば「黒はむしろ楽チン」なのかもしれません。

塗装色別のケミカルの無意味さや怖さについては別のコラム(車体色別ケミカルの闇と恐怖)でお伝えしている通りクルマの車体色に関する勘違いをされている方は非常に多いです。クルマの色は単なるビジュアルの問題でしかないことをご理解ください。 ただ、こういった勘違いを多くの方の脳裏に植え付けてしまった犯人は間違いなくカーケア業界側にあります。 「黒は作業が大変なので割増料金が必要となります」なんていうのは良くある話です。ただ、冷静に考えてみてください。白の車体色のクルマと黒の車体色のクルマを同じ水準のキレイさのレベルに到達させるために作業するならば、汚れやムラが目立つ黒の方がある意味で楽であるはずです。

では、なぜ黒を大変と言うのか?それは黒は汚れやキズが目立つから誤魔化しがきかないからということくらいしか思い浮かびません。もしそうならば、裏を返せば、白は手が抜きやすいから楽であるということになります。黒を特別扱いして大変だという業者は、多少品質が落ちても誤魔化せれば良いというスタンスであることを名言してしまっているのかもしれません。

「(誤魔化せないから)黒は大変だ」と読むとしっくりきます。