「All」を目指すより「Nothing」を回避せよ

カーケアの極意は「定期的に続けること」です。 完成度は多少低くても良いから、とにかくコツコツと続けることが大切です。 そして、一番悪いのは長期間「何もしないこと」です。

高いお金を払ってガラスコーティングを施工しても、高級ケミカルを使って洗車しても、汚れがついたまま長期間放置したらクルマの輝きは確実に失われます。ちなみに、長期間というのは通常の汚れの場合で1ヶ月以上、鳥のフン等のシビアな汚れ等の場合だと1週間以上であると考えてください 。

世間でごく一般的に行われてるクルマ全体を泡だらけにして水をかけて洗う「放水型洗車」のデメリットのひとつにカーシャンプー等の成分を拭き残した場合にスポットを誘発しやすいということがあると考えていますが、実は、放水型洗車の最大のデメリットはこれです。

やり始めたら全部やらないといけなくなること

カーシャンプーでクルマ全体を泡だらけにしてしまうのですから、途中で投げ出してしまうわけにはいきません。何としても最後までやり抜くしかありません。その結果何が起きると思いますか?

全部やろうとするから全部やらなくなる。つまり 「All or Nothing」の状態になってしまうのです。

当社が採用している「バケツ1杯の水の洗車」の最大のメリットは、「ゆっくり&優しく&丁寧に」拭き取り作業ができること(※)なのですが、実はその副産物としてこんなメリットがついてきます。

部分洗いが可能となること

洗車を開始した後に急用が入ったり途中で疲れてしまった時には、作業の途中でも中断することができるのです。つまり、いつでも、どこでも、気軽に洗車できるから無理なく続けられる。 これって凄いメリットだと思いませんか?

この画期的な「バケツ1杯の水の洗車」は、当社の洗車教室を受講いただければマスターいただけます。この洗車方法に特別な技術は不要ですが、先入観に縛られない「柔軟な思考」は必要かもしれません。ちなみに「バケツ1杯の水の洗車」の話をすると、多くの方がこんなご心配をされるようです。

そんな簡易的な洗車方法ではクルマにキズがつきやすいのではないか?

ここで思い出していただきたいのは、当社の洗車サービスのメインは「定期仕上げ」であることです。要するに、当社は同じクルマを毎月定期的に何年にも渡り仕上げさせていただいているのです。もちろん、洗車方法は「バケツ1杯の水の洗車」です。そして、当社に定期仕上げを任せるようになってから洗車キズが酷くなったといったクレームをいただいたことは今まで一度たりともありません。また、定期仕上げを契約いただいた後に、対象車両の廃車等以外の理由で契約を中途解約された方はほぼゼロです。もし、洗車する度に明らかに洗車キズが増えてしまうような洗車方法だとしたら、お客さまに何年にも渡って契約をご継続いただけると思いますか?

これがさきほどのご質問への明確な答えです♪

部分洗いができるということがもたらすメリットは想像を絶するほど大きいものです