サザンクロスの出張洗車のコンセプト

サザンクロスがお客さまにご提供すること

多くの方が「出張洗車」という言葉から連想するのは「便利な洗車サービス」といったイメージなのではないでしょうか。実際に出張型洗車を提供している洗車業者のほとんどが、その「利便性」を前面に打ち出して自社の洗車サービスを以下のようにPRしていますし、世の中の出張サービスの大半が「利便性」の提供を主たる目的としているのは間違いなく、多くの方が抱く「出張洗車=便利な洗車サービス」というイメージは当然の成り行きなのかと。

  • 呼べば来てくれる「便利な」洗車サービス
  • 店舗に「行く必要」も作業が終わるのを「待つ必要」も無いから大切な時間がムダにならない
  • 忙しい方にピッタリの「夢のような」洗車サービス

多くの出張洗車サービスが掲げるメリット ▶ 「利便性」や「時間の有効活用」

当社が創業当初から出張型の洗車サービスの提供にこだわり続けているのは、お客さまに「利便性」を提供するためではなく、あくまでも「仕上がりの品質」と「作業の安全性」の2つを提供するためです。この2つが確実に担保されていなければ、そもそもプロの洗車とは呼べない。当社はそう考えています。

サザンクロスの出張洗車が掲げるメリット ▶ 「仕上がりの品質」と「作業の安全性」

当社が来店型の洗車サービスを提供しない理由

来店型の洗車サービスの場合、利用者は移動手段を預けてしまうことになるので、必然的に待合室等で作業が終わるのを待たざるを得ません。最初のうちは愛車がキレイになっていく様子を眺めたりするのでしょうが、そんなことが楽しいのは最初だけです。待ち時間が30分も経過すると徐々にストレスを感じ始め、待ち時間が1時間を超える頃にはそのストレスはピークに達しているのではないでしょうか。愛車をキレイにしてもらうために来店したはずなのに、いつの間にか待つことのストレスにスポットライトが当たってしまう状態です。でも、多忙な生活の中で貴重な時間を割いて来店しているのですから、ただじっと待っている無駄な時間にストレスを感じるのは当然のことなのかもしれません。

一方、この状況を洗車業者側の視線で考えてみます。それだけ丁寧に作業してクルマをキレイにしても、お客さまを長時間お待たせしてイライラさせてしまうと顧客満足度は大幅に低下してしまいます。このような環境下での作業では作業スピードが重視されることになり、その結果として「時間に追われた作業」になってしまうことは不可避であるといえます。

来店型の洗車サービスでは作業スピードが重視されるので「時間に追われた作業」になりやすい

愛車をキレイにしてほしいけど待つのは嫌だ。家事や仕事で忙しいオーナーにとっては当然の欲求なのかもしれません。

自分で洗車されたことがある方ならご想像つくと思いますが、1台のクルマを隅々までちゃんとキレイにしようとしたら、半日程度の短時間ではとても無理な話であり、丸1日費やしても全ての汚れを落とすことはできないでしょう。当社は月極定期仕上げのクルマ1台を仕上げるのに、毎回3時間以上の時間を費やしていますが、正直なところ、それでも落としきれない汚れは残ってしまうのが実情で、次回の課題として翌月以降に繰り越しています。 ただし、そのような意図的な汚れの繰り越しは、今回の作業で確実に落とさなければならない汚れと、次回の作業に繰り越しても致命傷にならない汚れを見分けることができることが大前提となります。

プロの洗車業者が「全ての汚れを落とすことはできない」と公言していることに驚きを隠せない方もいるでしょう。でも、そもそも洗車のような清掃作業に明確なゴールは存在せず、結局は「どこまでやるか」という世界でしかないことをご理解ください。また、作業経験を重ねて熟練すると、それまでは見えなかった汚れが見えるようになったり、それまでは落とすことができなかった汚れも落とせるようになるので、ある意味でゴールがさらに遠ざかります。洗車というのは経験を重ねて熟練すれば作業時間が短縮できるという単純な作業ではありません。

大きくて形も複雑であることに加え、付着する汚れも多種多様で非常に頑固な汚れも多いクルマというモノをキレイにする作業が簡単なわけがありません。また、作業対象であるクルマはお客さまの大切な財産ですから、単にキレイにすれば良いというわけではなく、デリケートな塗装面等にできるだけキズを付けないように丁寧な作業をすることが絶対条件です。つまり、相応の時間をかけなければ1台のクルマを「安全かつ確実に」キレイにすることは不可能なのです。作業スタッフの経験の長さに関係なく、30分や1時間足らずの短時間で「安全かつ確実に」クルマをキレイにすることなんてできるはずがないのです。

1台のクルマを30分や1時間程度の短時間で「安全かつ確実に」キレイにすることは不可能

洗車業者の真面目さを知りたければつなぎの膝を見れば一目瞭然です。依頼前に作業スタッフの膝の部分を確認してみてください!

「手洗い」洗車と「手荒い」洗車は似て非なるもの

洗車料金の作業時間の長さで決まる

作業請負業の料金を決定する最大の要素は人件費です。洗車サービスの場合、使用するケミカル類等の原材料費はごく僅かなので必要コストの大半は人件費であると言っても過言ではありません。つまり、洗車料金を低くするには作業時間を短くすれば良いだけのこと。そして、作業時間を短縮する方法は大きく分けて以下の通り3つあります。

  1. 除去対象の汚れの種類や作業対象箇所を限定する
  2. 作業スピードを上げる
  3. コンパウンド等の研磨剤や強力なケミカルを使用する

1 除去対象の汚れの種類や作業対象箇所を限定する

クルマには水を流すだけで落とせるような汚れから、ケミカルを使わないと落とせないような頑固な汚れに至るまで多種多様な汚れが付着しています。水アカや油膜といった基本的な汚れは適切な作業をすれば簡単に除去できますが、1台のクルマを30分や1時間程度の短時間で仕上げてしまう簡易的な洗車ではそういった基本的な汚れでさえも確実に除去することは困難です。また、ピッチやタールといった頑固な汚れや鉄粉等の付着物に至っては、そんな短時間の作業では落とせるわけがありません。つまり、短時間で作業を終えるには、除去対象の汚れを「簡単に落とせる汚れだけ」に限定すれば良いということになります。

また、作業箇所を限定することでも作業時間は短縮可能です。ドアステップやヒンジ(蝶番)部といったドアを開かないと見えない部分の汚れはあえて放置したり、パーツの隙間、パネルの隙間、モールの隙間等の細部に溜まった汚れには一切手を付けないといった手法です。ここで重要なのはお客さまに対して中途半端な仏心を抱かないこと。一部だけ汚れを落としてしまうと残った汚れが目立ってしまうので、やらないのであれば徹底的にやらない、ということが重要なのかもしれません。これらは当社にはない発想なのであくまでも想像の域は超えませんが・・・。

ただし、低料金の洗車サービスを選択した時点で、全ての汚れが落としきれていないことや、全ての箇所がキレイになっていないことは想定しておくべきであり、多少の汚れは目を瞑ることが必要です。待ち時間もイヤ、高いのもイヤ、キレイにならないのもイヤ、そんな無茶な要求は叶うわけがないのですから。

当社として本当に質が悪いと考える洗車サービスはこんなケースです。

<目立つ箇所と目立たない箇所の仕上がりが明らかに違う>

当社の定期仕上げをご契約いただく方は、クルマの美観を維持するためにはある程度の料金が必要なことはご理解されている方が多いので、契約前に利用していた洗車業者の料金水準は決して低くありません。

当社は初回作業の開始前には、お客さまからコーティング施工の有無やそれまで利用していた洗車業者の情報等はあえてお聞きしません。作業を進めていけばそんなことはある程度は推測可能だからです。当社の料金をご理解いただいた上で、当社との契約を検討される方のクルマに共通していることは、ボンネットや腰より上の目立つ箇所は完璧にキレイなのに、ボディ下部やルーフ上等の目立たない箇所になると極端に状態が悪くなるということ。目立つ箇所はキレイにできているということは、あらゆる汚れに対処できるケミカルや機材を持っている証ですし、その技術を持ったスタッフも在籍しているということです。 つまり「できるのにやらない」パターンの洗車サービスであることが容易に想像できます。

ここであえて名前は書きませんが、作業終了後のお客さまとのお話の中で、こちらが予想した以前のカーケア業者名をお伝えするとかなりの高確率で的中しているようです(笑)

目立つ所「すら」キレイにならない業者はご愛敬、目立つ所「だけ」キレイにする業者は悪質

クルマには膝を付かなければ見えない汚れが沢山付着しています。当社は膝を付かない作業を「プロの洗車」とは呼びません。

2 作業スピードを上げる

作業時間の短縮方法として実に単純明快な解決策です。ただし、どんなに訓練を重ねても作業スピードを上げれば作業の精度と安全性は必ず低下するということを忘れてはいけません。落とすべき汚れは確実には落とせなくなるし、乱雑な作業になるので許容範囲を超える洗車キズをつけてしまうことになります。汚れが残っていただけならば、多少のお金をムダにしてしまったとあきらめれば良い話ですが、作業時間短縮の代償として必要以上の洗車キズを付けられてしまってもあきらめられますか?

当社の洗車の作業の基本は「ゆっくり、優しく、丁寧に」です。当社の洗車教室ではこのことを受講者の皆様に一番割いて説明しています。これは愛車の輝きを維持するための洗車の鉄則です。

どんなに訓練を重ねても作業スピードを上げれば、作業の精度と安全性は必ず低下してしまう

洗車教室(じぶんde洗車)での受講者との作業風景。「ゆっくり、優しく、丁寧に」。洗車において絶対に必要な3原則です。

3 コンパウンド等の研磨剤や強力なケミカルを使用する

作業効率を高めて作業時間を短縮できる有効な手段です。ただし、これらの手段で作業時間を短縮した場合はそれ相応の代償を受けることを覚悟しなくてはなりません。コンパウンド等の研磨剤は本来は塗装面を研磨する際に使用するケミカルです。その高い研磨力を利用すれば頑固な汚れも簡単に除去することができるのは当然ですが、都合よく汚れだけを落とすなんてことは不可能であり、護るべき対象である塗装面自体も削り取ってしまうリスクがあることは冷静に考えれば容易にご想像がつくかと。

また、液体をかけるだけで鉄粉等の頑固な付着物を簡単に除去できるというような強力なケミカルもあるようです。ただ、それらの強力なケミカルが鉄粉だけを狙い撃ちできるという化学的根拠が思いつきますか?

どんなに頑固でも付着物としての「汚れ」の範疇であるならば、コンパウンド等の研磨剤や強力なケミカルなんて使わなくても時間さえかければワックス等のケミカルで安全かつ確実に除去できます。ただの汚れを除去するためにコンパウンド等の研磨剤や強力なケミカルを使うという行為に作業時間短縮以外のメリットは無く、その代償として背負うべきデメリットはあまりにも大きいと言わざるを得ません。

研磨剤や強力なケミカルを使うことで支払う代償の大きさは、得られる恩恵を遥かに凌駕する

コンパウンド等の研磨剤や強力なケミカルを使うメリットは時間短縮以外には無いが、引き換えに支払う代償はあまりにも大きい

手で洗えば「手洗い洗車」というわけではない?

こんなことを口にされる方は非常に多いです。「クルマを大切にしているから洗車機は通したことが無く、手洗い洗車しかやってもらったことがない」と。ただ、そんなことを言う方に対して当社はこうお答えしています。「手で洗うからといって必ずしも安全な手洗い洗車とはかぎりません」と。言うまでもなく、この段階ではほとんどのお客さまはご納得されません。

最近の洗車機は昔の洗車機と比べて格段に性能が良くなっています。世の中には洗車機に対する大きなニーズがあることは間違いありませんし、洗車機による洗車自体を否定する気は全くありません。でも、愛車の輝きを維持することを最優先に考えている方には、当社としては洗車機の使用はオススメしません。どんなに性能が上がったとしても人間の手による細やかな作業には絶対に敵わないと考えているからです。

ただ、これはあくまでも、適切なやり方で行う手洗い洗車にかぎった話です。適切なやり方というのは、作業時間を短縮するために作業スピードを上げたりコンパウンド等の研磨剤や強力なケミカルを使ったりすることなく、「ゆっくり、優しく、丁寧に」を行なわれている作業です。

洗車機は各部に設置されているセンサーにより、必要以上の力が加わらないようにコンピューター制御されています。人間の脳や筋肉は訓練を重ねることでコンピューターより緻密な動きをすることも可能かもしれませんが、ガソリンスタンド等で洗車作業をしているスタッフの全てが、そのような域に達しているほど訓練を受けているとはかぎりません。また、どんなに訓練されていたとしても、30分や1時間程度の短時間で1台のクルマをキレイにするようなミッションを与えられたら、相当乱雑な作業にならざるを得ず、人間の手作業の持ち味の緻密な作業は困難です。また、短時間で汚れを落とすために、時間短縮に拘らなければ必要ではないコンパウンド等の研磨剤や強力なケミカルを使用せざるを得なくなります。

つまり、手で洗うからといって「安全な手洗い洗車」とは言えず、むしろ洗車機の洗車よりも危険な洗車だと考えています。当社では、そんな危険な洗車のことを「手荒い洗車」と呼んでいます。

手で洗ったとしても、乱雑な「手荒い」洗車は、洗車機による洗車より遥かに恐ろしい

「手洗い洗車=安全」というのは勘違いかもしれません。「手荒い洗車」と「手洗い洗車」は同音異義語です(笑)

洗車コースや追加オプションを用意していない理由

飲食店ならば、お客さま毎に味の好みや食べられる量も違うのでコースやトッピング等のメニューが用意されていて当たり前です。ただ、洗車で考えた場合、お客さま毎にクルマのキレイさの好みなんてあるでしょうか。キレイとは汚れが完全に落とせている状態のことです。極端に言えば物の美観を表す言葉は、「キレイ」か「汚い」の2つしかありません。「汚い」という表現をソフトに表現すると「キレイじゃない」ということになるのかもしれません。

世の中の洗車サービスでは「洗車コース」や「追加オプション」が選べるようになっているサービスが多いように感じます。例えば、基本コースなら水洗いだけだけど、上位コースを選択すれば、更にワックスがけまでしてくれるといった「差」を設けているのが一般的です。また、追加オプションは非常に多くのメニューが用意されていることも多々あります。

追加オプションで多いのが「水アカ除去」や「窓ガラスの油膜除去」といった落とす汚れを追加する類のオもの。でも、程度の違いこそあれども、水アカや窓ガラスの油膜等といった汚れはクルマには付着していて当たり前です。それらの汚れを取る作業のことを洗車と呼びます。逆の言い方をすれば、それらの汚れを除去しない作業を洗車とは呼べない、と当社は考えています。つまり、そういったオプションはお客さまの希望により追加すべきオプションではなく、基本プランに組み込まれていて然るべきものなのです。

また、クルマには水アカや油膜等の基本的な汚れの他にも、虫の死骸、鳥フン、鉄粉、ピッチ、タール、樹液等といった汚れも付着しますが、これらが残っている状態を「キレイ」と表現することができないことには異論はないと思います。これらの頑固な汚れを確実に除去するには相応の時間が必要です。当社が1台の定期仕上げのクルマを仕上げるのに、毎月3時間以上の時間をかけている理由は、そこまでしなければクルマを本当にキレイにすることはできないからです。

当社の作業風景を見た方からこんなご質問をされることがあります。
「そんな汚れまで落としてくれるの?」

当社はこうお答えしています。
「この汚れが残っている状態で引き渡されてお客さまは満足できるのですか?」

洗車にそもそもゴールなんて無いのかもしれませんが、目指すべき方向だけははっきりしています