洗車後がクルマは一番キレイです♪

「洗車後がクルマは一番キレイです」

こんなことを言うと、「なに言ってんだ!」と叱られてしまいそうですが、この意味を理解しなければ愛車の輝きを維持することはできません。クルマは必ず汚れます。走らなくても汚れますが走れば必ず汚れます。天候次第では、洗車した翌日にはすっかり汚れきっているかもしれません。次に洗車するまで、洗車直後よりキレイな状態に戻ることは絶対にありません。

問題は次の洗車でどこまでキレイな状態に戻せるかということです。洗車のスパンが短ければ、前回とほぼ同じ水準までは戻せますが、1ヶ月以上のスパンになってしまえば、たいていの場合は前回の水準には到達できなくなります。クルマは年単位で所有するので、いくら頑張っても、少しずつ落とせない汚れが増えていくのは避けられません。更に洗車キズも増えていきます。

つまり、「愛着」という目に見えない付加価値を考慮しなければ、どんなに努力を重ねても、少しずつ新車の状態から乖離していくのです。

「おいおい、そんな夢のないことを言うな」と怒られそうですが、この現実を理解せずに、「いつか気合いで洗車すれば新車のように戻せる」なんて淡い期待を抱かないことが大切なのです。こんな話をすると「シミやキズが増えたら研磨しちゃえばいいじゃないか‼」とおっしゃる方が必ずいるのですが、その手段は何度も使えないので、それに依存してしまうのは本当に危ないことだということをご理解ください。

クルマの輝きをいつまでも保つことは本当に大変ですが、諦めずに不断の努力を重ねることで、新車からの乖離幅を抑えることができきます。さっきは軽く流してしまった「愛着」という付加価値は、実は最高のスパイスなのですが🎵