清掃業は曖昧が故に奥が深くて楽しいんです♪

洗車も清掃業のひとつです。ある「モノをキレイにする」のが仕事です。

この仕事の最大の特徴は「明確なゴール」がないことです。「キレイにします!」、「ピッカピカにします!」言っても基準がかなり曖昧です。

清掃業は請負業なので不完全な仕事なら不完全履行となりますが、そもそも洗車サービスで請負契約書を交わすことは皆無であり、どこを、どこまでキレイにするなんて契約を交わさないのが普通です。内装と外装の定義すらも曖昧なので、ドアのステップやトランクまわりは放置されていることも珍しくありません。つまり、最初の状態より少しでもキレイになっていれば仕事をしたことになってしまうのです。とても基準が不明瞭で、ある意味いい加減なサービスであるという側面は否定できません。

でも、だからこそ、他社との差別化が容易な仕事だと考えています。「手洗い洗車」と同じ単語を使っても、仕上がりの品質を高めれば全く違うサービスにすることができるからです♪

料金だけを聞かれてお答えすると「高い!」と言われることは日常茶飯事です。当社としては「何と比べて高いのですか?」とお聞きしたいところですが、結果でお伝えするしかないと思っています。ご依頼前に言われる「高い!」というお言葉にはまったく狼狽えることはありません。でも、仕上がり結果を見て、そのようなご指摘をいただいてしまったとしたら心から反省をしなければなりません。

ただ、残念ながら、終了後に細かいチェックをされないお客さまがほとんどです。洗車というものへの期待感がそんなにないことの裏返しかもしれないと憂えています。 終了後には、是非、クルマの隅々まで確認してみてください。そうしていただくことで、当社としてはより一層のご満足をいただけると確信してますので♪