「洗車キズ」は愛情の証?

こんなことを言ってしまうとガッカリされてしまうかもしれませんが、どんなに柔らかいクロスを使おうとも、どんなに丁寧に作業をしようとも、洗車キズをゼロにすることは絶対に出来ません。当社は、この厳しい現実から目を逸らさずに真正面から向き合っているからこそ、それを極限まで減らす努力を重ねることができていおるのです。

世の中には、「絶対に洗車キズをつけません」なんて台詞を軽々しく謳っている洗車業者も多いですし、「絶対にキズがつかない」と謳っている洗車用品も多数販売されていますが、洗車キズと正面から向き合っている当社としては、そのような軽率な発言は残念で仕方がありません。

マイクロファイバークロスを使えば安全だと信じている方は多いと思いますが、マイクロファイバーでも力の入れ方ひとつで簡単にキズはつきます。マイクロファイバーは吸着性が高いので砂等の硬い粒子を抱き込み易く、時に凄まじい凶器にもなります。絶対に安全な洗車用品なんて存在しないということをご理解してください。

洗車キズを作らないのは実に簡単なことです。
洗車しなければ良いだけの話ですから(笑)。

ただ、洗車しなければ、洗車しても落とせないシミが増えていきます。洗車キズか シミかのどちらかを選べなんて単純な話ではないのですが、カーケアはこんなジレンマとの闘いであるともいえます。ただ、当社はこう考えています。

クルマについたシミは「放置の証」であり、
クルマについた洗車キズは「愛情の証」であると。

ただし、愛情は闇雲に注げばいいというものではありません。あくまでも優しく(笑)

ゼロには出来ない洗車キズと真摯に向き合い、
限りなくゼロに近づけるための努力を重ねることが必要です。

それを実現するためのポイントは、「ゆっくり、優しく、丁寧な」拭き取り作業に尽きます。これぞ究極の愛です。

当社は、洗車キズを減らすためのベストの方法が「バケツ1杯の水」の洗車だと考えています。簡易洗車であるとか、キズがつきやすいと誤解されがちですが実は非常に理にかなった洗車方法なの。話せば長くなるのでここでは書きませんが、興味がある方は、リンクが添付されているコラムをご一読ください。

ちなみに、当社が提供する洗車サービスのメインは「月極定期仕上げ」です。つまり、同じクルマを何年も定期的に仕上げさせていただのですが、当然のことながら「バケツ1杯の水」の洗車で仕上げています。毎回、洗車キズが明らかに増えていくような洗車方法ならクレームの電話が殺到するはずですが、今のところそのようなクレームをいただいたことは一度もありません。ただ、洗車キズは必ず増えていきます。お客さまにはこのようにご説明しています。

当社が仕上げても必ず洗車キズはついてしまいます。
ただし、他の「手荒い」洗車が1回の洗車で付ける洗車キズの量を
1年かけてつけてしまうレベルだと思ってください、と。

▶カーケアの本質コラム:目的はエコではないが結果的に最もエコな洗車