川柳:目的は エコじゃないです この洗車

目的は
エコじゃないです
この洗車

ワタシが行っている『バケツ1杯の水』の洗車。この方法を採用している業者は沢山ありますが、大半の業者は、こんな説明をしています。

ほんの僅かな水しか使わないエコ洗車です🎵

ワタシも資源を大切にする気持ちはあります。でも、自分の大切なクルマを洗車してもらう時に、エコのために水を使わないことを望みますか⁉

ワタシが『バケツ1杯の水』だけで洗車しているのは、節水の目的ではありません。それがクルマに一番優しい洗車方法だと考えているからです。『バケツ1杯』という水量にも拘ってもいません。結果的に『バケツ1杯の水』で足りてしまうだけのこと。

高圧洗浄機で放水しようが、泡だらけにして洗おうが、最後は拭き取ることになりますが、この拭き取り作業の時に洗車キズがつきやすいのです。

ボディ全体を濡らしてしまうことで何が起きると思いますか⁉

水が乾く前に拭き取るために、ものスゴいハイスピードで拭き取ることが必要ですが、急いだ作業により洗車キズがつく可能性が高まります。せっかく泡だらけにして優しく洗ったのに、最後の段階で、親の仇のような勢いで拭いている『手荒い洗車』を見たことはありませんか⁉

だから、ワタシは局所的に濡らして、ゆっくり丁寧に拭き取ります。中型セダン1台の水洗いに30分もの時間をかける理由はここにあります。実際の作業を見ていただけば、ワタシの『バケツ1杯の水』の洗車が、エコ洗車とか簡易洗車というものとは違うということがご理解いただけると思っています。

この洗車は、エコではないと言いましたが、広い意味では究極のエコだと思っています。何故なら、クルマに一番優しい洗車方法だから、クルマの輝きを維持できます。その結果、多くの方が、1台のクルマに長く乗るようになるのではないかと思うのです。自動車メーカーさんには申し訳ありませんが、これ以上のエコはないですよね~🎵(笑)

今日もよろしくお願いいたします🎵

昨日、見沼田んぼで撮影した写真です‼

作品No:044

2017年04月13日