【036】スギ花粉 洗車で普通に 落とせます♪


スギ花粉
洗車で普通に
落とせます🎵

この季節は、クルマに付着する花粉に頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか⁉花粉に関する質問をいただくことは多いです。でも、ワタシは『普通に洗車してください‼』とお答えしています。ご期待に添わないつまらない回答で申し訳ありません💦

ネットで検索すれば、実に沢山の情報がありますね。花粉に含まれるペクチンとかいうタンパク質が影響するというメカニズムだそうです。でも、鳥の糞でも、樹液でも、花粉でも、長期に渡り放置すれば、塗装にダメージがあるのは当然です。シミとして完全に固着してしまったら、原因が何であれ洗車では落とせません。落とすには研磨するしかないのですが、シミになる前ならば、洗車して花粉を取ればいいだけの話です。

洗車の頻度については、保管状況や汚れの付着の程度により異なりますが、月に1回の念入りな洗車をしてワックスの保護膜を形成し、汚れがたまったら適宜水洗いをすれば十分だと思います。写真のクルマは青空駐車でワタシが月に1~2回洗車していますが、3年経ってもシミひとつありません。きっと花粉も付着してるのでしょうが、特段の問題は起きていません。

3月10日に投稿した可哀想なクルマを覚えていますか⁉半年も経たないのにシミだらけになってしまったクルマです。あの後、営業マンからの回答があったそうですが、犯人は花粉だそうです。彼曰く、今年は花粉の被害が頻発しているそうです。ワタシがお任せいただいているクルマは、幸いなことに、まったく被害がありませんが�(笑)

オーナーは、定期的に洗車をされていた方です。もし、それでもあのようなシミが出来てしまうなら、日本中のクルマがシミだらけになってしまいそうですね~�。昨夜、セカンドオピニオンに関する投稿をさせていただきましたが、これもその一例かもしれません。業界の人はそれっぽいことを言うのが本当に上手ですから。�

もちろん、ワタシは花粉を甘くみていません。むしろ、花粉に限らず全ての汚れに対して必要以上に警戒しています。ただ、先日テーマにした水アカ同様に、定期的な洗車をしてさえいれば、花粉だって『ただの汚れ』に過ぎません🎵

今日もよろしくお願いいたします🎵

作品No:036

2017年04月05日