【033】炎天下 洗車するなと 言うけれど

炎天下
洗車するなと
言うけれど

ネットで洗車のノウハウを調べると山のように色々な情報を見つけられます。炎天下で洗車してはいけない‼とか、ボディが冷えてる時は洗車してはいけない‼とか、風が強い日は洗車をしてはいけないとか。

ほとんどのオーナーは働いています。洗車出来るのは休日に限られています。屋根付駐車場でなければ、その休日が晴れていなければ洗車できません。そして、晴れた休日は絶好のドライブ日和でもあるということ。そんな日にわざわざ洗車をすることは難しいのです。

つまり、ただでさえ洗車をできるチャンスは少ないんです。それに加えて、炎天下はダメとか色々な条件を付加されたら、正直なところ、洗車なんかするなと言われてるのと同じです。強烈な記事もありました。青空駐車場は汚れるから、出来るだけ屋根付ガレージに保管しましょうと。まぁ、これは論外ですがっ(笑)

確かに炎天下での洗車は、カーシャンプー等を拭き残すリスクが高いし、風が強い日は、小石等でキズをつけるリスクがあることは否定しません。でも、ワタシは実際に季節を問わず屋外で洗車しています。そんな状況でも洗車は出来るのです。あれはダメ、これもダメと言って、洗車のハードルを上げるより、どうすればそんな状況でも洗車出来るかを考えた方が有意義だと思いませんか⁉

クルマの輝きを奪う最大の要因は、洗車をしないことによる『汚れの放置』であると、ワタシは考えています。クルマの輝きを維持するには『出来る時に洗車する』というのが鉄則です。洗車直後に雨が降っても構わないのです。

ただでさえ少ない洗車できるチャンスを、わざわざ狭めてしわないように、炎天下だろうと風が吹いていても問題なく洗車出来る方法をお伝えしたいと思っています🎵

今日もよろしくお願いいたします♪

作品No:033

2017年04月02日