手で洗えば『手洗い洗車』というわけではない⁉

多くの方のイメージでは「洗車機はキズがつく」が「手洗いならキズがつかない」だと思います。

でも、ワイルドな『手荒い洗車』なら、洗車機よりずっとキズつきやすいかもしれません。

機械は決められたことしかしません。プログラム通りに動き、加える力も一定です。現代の技術をもってすれば、精度の高い機械が作れます。一方、人間は、それぞれの人間が脳で判断して行動しますが、動きの精度は経験や知識で大幅に差が出ます。これが吉にも凶にもなるのです。

ボディ状態を知り尽くしたマイカーの洗車を自分でするなら問題ありません。ただ、プロとして、お客さまのクルマを洗車する場合は事情が異なります。

ボディの状態はクルマ毎に千差万別です。付着している汚れも実に様々です。どれが落とせる汚れで、どれが落とせないシミなのか?一見、キズに見えて実は落とせる汚れもあります。それらを正しく判断し、ベストな方法を選択し、適切な力加減で処理をする。機械には、そういったことは出来ません。これが、本当の『手洗い洗車』だと考えています。当社では『手掛け洗車』と呼んでいます。

多くの『手洗い洗車』が、低料金化を実現するために作業時間は短縮化され、作業スタッフは、そのような判断をする時間的余裕も与えられず、やみくもに作業を進めざるを得ないようです。急ぐから汚れもしっかり落とせないし、力も入りすぎて、多くのキズをつけてしまいます。

こうなってしまうと、愚直に決められた作業を正確に行う洗車機の方がいい仕上げをすると言っても過言ではありません。洗車に不馴れなアルバイトのスタッフが、時間に追われ、やみくもにスポンジやクロスで擦っている姿を見ると、とても不安になります。

ゆっくり作業することと、じっくり作業することは全く別の意味です。時間に追われた作業にならないために、当社は出張スタイルの洗車サービスにこだわっています。

決して安い料金だと思っていませんが、ボディを痛めることなく、ちゃんとキレイに出来る作業時間に見合った料金を設定しています。

「この料金と時間では、そこまでは出来ません」

プロの洗車業者が絶対に言ってはいけない台詞だと胸に刻んで仕事をしています。


2016年11月15日