「洗車なんてこんなもの」ではない!

この1本のホイールを隅々まで丁寧に仕上げるのに10分弱の時間をかけました。たった1本のホイールです。

汚れを落とすだけなら水をバシャバシャかければ可能です。でも、良質の保護膜で保護してあげることが重要なので時間がかかっても全て手作業で行っています。

創業当初は低価格の洗車サービスも提供していましたが、低価格を維持するには作業時間の短縮が必須です。その結果、何が起こるかは想像に難くないと思います。でも、低価格の洗車では、細部の汚れが残っていたり、多少の拭き残しがあってもクレームには至らないものです。お客さまだって、30分程度の短時間で隅々までキレイにできるわけがないことは感覚で理解されているからです。

温浴施設の『お風呂de洗車』では、当社の通常の出張洗車より低い料金設定にしていますが、中型のセダンタイプでも7,500円です。

きっと高いと感じましたよね?
たかだか洗車でそれは高いと。


この洗車は2人で2時間かけて仕上げています。サービスの内容は全く違いますが、2人がかりのマッサージを2時間受けたら料金はどれくらいになると思いますか?マッサージとの比較は意味がないとのご指摘もあるかもしれませんが、コストはほぼ人件費という意味で、ビジネスモデルとしては似ています。

作業内容からすれば、これでもかなり安いと思っていますが、お客さまに料金を伝えると、ほぼ間違いなく「高~い!」と言われます。洗車といえば2~3千円が当たり前なのでしょう。

ある程度キレイになれば十分。
仕上がりもさほど期待もされない。

クレームすらつかないのは、
満足いただいているからではなく、そもそもあまり期待されていないと思うべきかもしれません。


多少高いお金を払ってでも、ちゃんとキレイにして欲しい。そう、思っている方はたくさんいるはずです。

"洗車なんてこんなものだ"というイメージを変えるのが当社が目指すものです。


2016年09月29日