キズを隠したつもりのはずなのに

不注意でボディに傷をつけてしまうこともあると思います。どんなに小さな傷でも、一度気になると気になって仕方がないものです。そうなると、なんとかして綺麗に直したくなるのは当然です。でも鈑金屋さんで塗装してもらうほどでもないから、タッチペンでちょこっと塗ればいいかと思うことでしょう。


でも、この修復作業は小さな傷を余計に目立つようにさせてしまうことが殆どです。


車には必ず傷がつきます。飛び石等の飛来物は避けられないし、狭路で枯れ木に擦れてしまうこともあるでしょう。こういう仕事をしているからはっきりいえますが、どの車にも必ず傷はついています。

ただ、よっぽど目を凝らして見なければ、ほとんど気になりません。衝撃で凹んでいる箇所は光の反射の関係で目立ちますが、塗装面に入った小さな傷なんかは目立たないものです。



車の塗装面は何回もの塗装作業を繰り返し、最後にクリヤー層まで重ねられて出来ています。工場で薄い塗膜を何層も重ねて作られているのです。塗装の素人がタッチペンで、傷よりも何倍も太い幅で、必要以上に多い塗料で塗ってしまったら、例外なく塗装面の上に盛り上がった状態になってしまいます。

こうなってしまうと、とても目立ってしまうんです。



塗装面が完全に剝れて下地がむき出しになってしまっている場合なんかは、錆びてしまうことを防止するために手当をしておくことは必要かもしれませんが、そうでなければそのままにしておいた方がいい場合が多いと思います。

傷が気になってしまったら、気持ちを切り替えて一度忘れてみてください。しばらくしたら気にもならなくなってしまうかもしれませんよ。それでも、気になるようだったら、専門の業者に相談されてみてはいかがでしょうか?


カー用品店には、タッチペン以外にも様々なリペアー用品が売られています。簡単に塗装ができるような便利なものも沢山あります。でも、手先の器用さに相当自信があって、手間を惜しみなくかける自身のある方以外、車の塗装面の小細工にチャレンジしないことをオススメします。

洗車しながら「なんで塗っちゃったかなぁ・・・」と残念に思うことは多いです。
気持ちは分かりますけどね・・・。




短所を隠すために小細工をするよりも、
長所を伸ばした方がいいかもしれませんね!

車でいうなら・・・
綺麗に洗車して全体の輝きを取り戻してあげれば、
小さな傷なんか気にならなくなるかもしれませんよ(笑)




 

2016年02月10日