川柳:良くないよ 洗車と化粧 塗りすぎは

良くないよ
洗車と化粧
塗りすぎは

ワタシの士気を高める某プロショップのHPに、ワタシにしてみると甚だ不本意なことが書いていました。こんな内容です。

タイトルは『時代はワックスからコーティングへ』です。タイトルからして、え⁉という感じ。ワックスの延長にコーティングがあるかのように書いてます。こういうイミフなことを言ってくださるから、多くの方が誤解をするのです。まぁ、ここはこれくらいにして中身を見てみます。すると、ワックスのデメリットが3つ書いてます。普通は、メリットも書いてるものですが、デメリットしか書いてません😱(笑)

①ワックスがけは、クルマの塗装を傷める
②ワックスがけは、汚れや水アカの原因になる
③ワックスがけは、窓ガラスの油膜のもと

顎が床まで落ちてしまいました😅(笑)

ワタシは、そのワックスを使って、お客さまのクルマを何年も継続して洗車していますが、塗装面は最高の状態を維持しているし、窓ガラスには油膜はもちろん、ウロコシミひとつ発生させていません。本当に失礼な話です(笑)

では、この3つの不本意について解説します。

①は、ワックスがけにかぎりませんが、スポンジやクロスで力強くガシガシ擦れば塗装を痛めるのは間違いありません。優しく擦れば大丈夫ですのでご安心ください(笑)

たいていの方が陥りやすいのが『ワックスの塗りすぎ』です。ワックスだって、塗りすぎて塗装面にべったり残っていれば塗装面に悪影響を及ぼすのは間違いありません。

ご自身で洗車されている方のクルマを洗車させていただくと、ほぼ間違いなく、パネルの隙間等にワックスが詰まっています。ワックスの拭き残しには気をつけてください🎵

②は、意味が分かりませんので割愛します(笑)

③は、洗車機で拭きつけるタイプのワックスをイメージしてるのでしょうか。でも、以前に、このHPの会社のフランチャイズをしているGSの店長にこう言われました。『フロントガラスに油膜が出来るから、ルーフにはワックスを塗らなくていい』と。『おたくでは、フロントガラスに垂れてくるほどワックスを塗りたくるのですか⁉』と聞こうと思いましたが、アホくさいので、話を打ち切って話を終わらせました(笑)

ワックスを塗りすぎの方は本当に多いです。多分、沢山塗った方が、保護膜がしっかりできるとか、艶が出ると誤解されているのかと思います。でも、絶対にそんなことはありません。ワタシが使うワックスの量は、皆さんが想像するより遥かに少ないです。決してケチっているのではありません。塗り過ぎは『百害あって一利なし』です。ワックスという素晴らしい洗車用品を、時代遅れと言わせたり、不本意なデメリットを並べ立てられないようにするために、ワックスを正しく使用してください‼

ワックスで生計を立てる者の魂の叫びです🎵(笑)

今日もよろしくお願いいたします♪

作品No:112

2017年06月26日