「イクラ」だけで終わらないで!

サービスを受けるためには対価としての料金が必要です。お客さまにとっては、この料金はとても大事な要素であることはいうまでもありません。でも、「料金」と「サービスの内容」は必ずセットなので、「料金」が妥当かどうか判断するには「サービスの内容」を知っていただくことが絶対に必要です。

当社が提供している「洗車サービス」の場合、「サービスの内容」とは、どういった洗車をするのか、どこを対象に洗車をするのかといったことになりますが、洗車の場合は「どの程度まで」キレイにするのかといった「サービスの質」という要素も重要です。


洗車中にお声をかけていただく方の中に結構いらっしゃるパターンがこれ。

「へ~。お風呂入っている間に洗車してくれるんだ~。」
「そうなんです。」
「で、イクラ取るの?」
「車のサイズにより異なりますが、どのようなお車ですか?」
「普通の車だよ」
「あ・・・。例えば中型のセダンタイプのお車だとMサイズなので7,500円になります」
「そんなに取るの?」

たまに、最後が「洗車機なら500円だよっ」というパターンも結構多いのですが・・・(笑)


お肉屋さんでお肉を買う時に、いきなり「肉、イクラ?」とは聞きませんよね?どの肉かを指さして「この肉イクラなの?」と聞くはずです。輸入牛とブランド和牛では全く違うモノだということは誰でも知っているからです。


洗車だってそうです。「サービス内容」と「サービスの質」で全く違うサービスです。

洗車方法、使用するワックス、担当するスタッフの技術レベル等いろいろ要因があるとはいえ、「作業時間」は「仕上がりの品質」を決定する大きな要因であることは間違いありません。

洗車サービスはマッサージのように「時間」で料金を決めるものではありません。洗車サービスは請負業です。契約書なんか締結しなくても立派な請負業です。だから、ちゃんとキレイにしなければ契約を履行したことにはなりません。でも、「キレイにする」には明確な基準がありません。泥だらけの車の泥を洗い流しただけでも、ある意味キレイにしたといえます。乱暴ないい方をすれば、手を抜こうと思えば手を抜けます。


洗車は「時間」で料金を決めるサービスではないとはいえ、「人件費」メインのサービスなので、必然的に「作業時間」に枠をはめる必要があります。来店型の洗車サービスでは、利用者を待たせる時間を減らすことも重要です。このことがサービスを提供するサイドにとっては好都合であり、利用者がストレスなく待てる時間を目安に作業時間を設定し、「その時間で可能なレベルまでキレイにする」ということになります。

来店型の洗車の所要時間は、中型車でも30分程度なのが一般的です。プロのスタッフが高圧洗浄機等を使うので早くキレイになるのだと思いますか?複雑な構造の車が、そんな時間で隅々まで本当にキレイになると思いますか?

温浴施設で実施している「お風呂de洗車」については、基本的に二人で作業しています。定期的に実施いただいている方だけでなく、何ヶ月、いや何年も洗車されなかった方にもご利用いただいていますので、二人で作業しても、中型車の場合で2時間弱の時間はかかっています。毎月お任せいただいている車は、多少は短い時間で終了しますが、1ヶ月の間にも車の汚れは想像以上に蓄積するものです。


ポリッシャーとコンパウンドを使って研磨しなければ落とせないものは「汚れ」とはいえないので、それを洗車で落とすことはできませんが、当社としては「汚れ」については全てしっかり落とさなければ洗車とはいえないと考えています。
また、洗車は「単に汚れを落とす作業」ではなく「汚れのつきにくいボディにする作業」だと考えていますので、細部に至るまで専用のワックスを使って良質の保護膜で包んでいきますので、相応の時間をかけています。



当社の洗車サービスをご理解いただき、ご利用いただくのが一番嬉しいことですが、ご利用いただかない場合でも、「そこまでの仕上がりは自分にとっては必要ないよ」と言ってお断りいただけると、少しホッとします。


当社が提供するサービスは「お客さまの大切な時間」も「仕上がりの完璧さ」も犠牲にしない洗車。
当社が出張スタイルの洗車にこだわり続けているのは「サービスの質」を維持するためです。

お客さまが車を止めている場所に出張し、車を使わない時間で、「作業時間」の制約をできる限りなくして丁寧な仕上げをする。お客さまが入浴されている時間を有効活用して、丁寧な仕上げをする。


いきなりの「イクラ?」だけで終わらないでください!!


2016年08月10日