川柳:聞かれます なんで洗車を 選んだの⁉

【起業ストーリー編①】

聞かれます
なんで洗車を
選んだの⁉

以前にもお伝えしたことはありますが、ワタシ前職は損保社員でして20年営業一筋でした。自動車保険は得意でしたが、クルマの構造なんてちんぷんかんぷん(笑)。20年のきりのいいところ⁉で、何か新しいことにチャレンジしたくなり退職。しかし、退職時点では、起業することは決めていましたが、何をするかは決めてませんでした。いい加減ですね�。退職後に、バイクにテント積んで1ヶ月程東北をひとり旅しながら、これからの人生を考えたりしてました。一応結婚してますんで、実に身勝手な話です。�

誰もやってないことを思いつくほどのアイデアマンでないのですが、人とは違う視点で起業したいとの思いはありました。ならば、世の中に当たり前のように存在するけど、さほど必要とされてない業種に飛び込んでみるのも面白そうだなって。真っ先に思い付いたのが洗車でした(笑)

洗車サービスの存在を知らない方はいないと思いますが、その一方で、無くなったら困ると思っている方もいないのではないかと思います。ガソリンスタンド以外に、手洗い洗車をしてもらえる業者を思い付く方はいますか⁉(笑)

でも、実は結構色んな業者さんがいるんですよ。特にワタシのような出張専門の洗車業者は意外と多いんです。どうしてだと思いますか⁉

理由は簡単。出張専門なら店舗構えなくていいから簡単に起業できるから。しかも、洗車は必要な道具もしれてるし、技術修得も難しくない。そもそも、皆さん普通に洗車しているはずです。でも、そんな業者の存在があまり知られていないのは、多くの業者が、主にクルマ屋さん等の下請けをしていて、直接オーナーに会うことがないからかもしれませんね。ワタシはオーナー直の仕事しかしませんが。

本当は洗車が好きだからです‼と言いたいところですが、実はかなり苦手でした。だから、せっかくの休日に洗車出来ない皆さんの気持ちが痛いほど理解出来ちゃうんです🎵(笑)

この洗車という仕事、やればやるほど、そのいい加減さを思い知ります。いい加減という表現はやや語弊がありますので、言い換えると『曖昧』です。でも、この曖昧さが、この仕事をよりいっそう面白くしているのも事実。この面白さは明日の川柳でお伝えします✨

今日もよろしくお願いいたします‼

作品No:085

2017年05月30日