【質問02】 「バケツ1杯の水」だけで水洗いしてボディにキズがつかないのですか?

一般的な洗車のイメージは、ホースで水をバシャバシャ、カーシャンプーを含ませたスポンジでゴシゴシ、そんな洗い方だと思います。小さなお子様に洗車の絵を描かせても、きっとそんな絵を描くと思います。ただ、この一般的な洗車方法には問題点が二つあります。
一つ目はカーシャンプーの使用です。カーシャンプー自体は汚れを落とす効果があるのですが、ボディ表面に残ったカーシャンプー等の不純物は塗装面にできるシミ(イオンデポジット)の発生原因となります。二つ目は、ホースや高圧洗浄機で広範囲に水をかけたところで、数人で作業しない限り、水分を拭取る前に蒸発してしまいます。また、高圧洗浄機の勢いでボディの細部にカーシャンプーが流れ込んでしまうと、拭き取れずに後になってからボディに染み出してきてしまうのです。だから、当社は、カーシャンプーもホースも高圧洗浄機も使いません。
狭い範囲を少しづつ、ボディの状態を確認しながら2枚のタオルを使って拭き上げます。もちろん、乾いたタオルで乾拭きすれば簡単にキズがつきます。でも、当社のやり方でキズが入ることはありません。詳しくは「バケツ1杯の水の洗車」のページをご覧ください。

2015年10月08日