P8コート(ブラックパーツクリーナー)

タイヤとブラックパーツのエキスパート

タイヤ等のゴム部分やウレタンバンパー等のブラックパーツの汚れ落とし及び保護・艶出しに特化したクリーナーワックスです。タイヤやブラックパーツが本来の黒さと深い艶を取り戻すと、クルマやバイクの全体像はぐっと引き締まります。ブラックパーツの存在感が大きいSUV車等では、その効果は絶大です。

タイヤワックスには色々なタイプがありますが、スプレーで泡を吹き付けるだけで施工できるケミカルや固形の油性ワックスを塗布するタイプのケミカル等もあります。ただそれらの多くは、タイヤを黒光りさせることだけを目的としており、タイヤにひび割れ等を誘発しやすいのが難点で、過去にそのような体験をしてタイヤワックスに対して恐怖心をもっていらっしゃる方も多いようです。ただ、このP8コートの最大の効能は、黒く光らせることではなく「劣化防止」にありますので、過去にタイヤワックスで苦い思いをされたことがある方でも安心してご使用いただけます。

他のクリーティングコートに比べて扱いがやや少し難しいですが、一度慣れてしまえば二度と手放せない相棒となること間違いなしです♪


ブラックパーツの輝きの維持に秘策無し

最近はSUV車に注目が集まっていますが、SUV車の精悍なシルエットはそのスタイルもさることながら、ブラックパーツの存在感にあるのではないでしょうか。本来は、悪路走行を想定した機能的な物であるとは思いますが、現実的にはデザイン上の重要パーツとして採用されています。

街中ではブラックパーツを白く劣化させてしまっているクルマを多くみかけますが、そうなると本来の精悍な姿とはかなり違うイメージになります。そこで、多くの方が、ブラックパーツの艶を復元させるアイテムを模索されているようです。ただし、ブラックパーツにどんなコーティング剤を施工しようとも、現実的には、効果は長く続きません。ガラスコーティングの保証書でも、無塗装のブラックパーツはそもそも保証対象外になっていることがほとんどです。

ただ、だからといって諦めてしまっては、塗装面と違って短期間で樹脂の劣化が進行してしまいますが、表面が劣化してしまえば、何を施工しようとも、黒さを復元するのは困難になってしまいます。つまり、定期的にこまめにケアを続けるしかないのです。塗装面やガラス面も同じなのですが、ブラックパーツの黒さと艶を維持したければ、各商品に謳ってある、非現実的な「効果持続期間」といったものに惑わされず、地道に定期的なケアを続けるしかありません。

 

大ボトル(500mlスプレーガンボトル) :3,500円(税別)

※角スポンジ1個・拭き取り用タオルが付属しています。
※大ボトルは使いやすいスプレーガンタイプです。

用途
タイヤ、プラスチック、ゴム、皮革等の劣化防止、保護、艶出し。
成分
非イオン系界面活性剤、シリコンオイル、有機溶剤

各製品共通の注意事項等

1 使用上の注意
口に含んだり、目に触れる可能性のある物には絶対に使用しないでください。
肌の弱い方が使用する場合は、ゴム手袋をする等の措置を講じてください。
廃棄する際は中身を使いきるか、使い切れない場合は各自治体の指示に従って適切な廃棄処理を行ってください。
2 万が一の場合の応急処置
万が一飲み込んでしまった場合は、できるだけ早く医師の診察を受けてください。
誤って目に入ってしまった場合は、直ちに清水で十分に洗い流し、少しでも異常があれば直ちに眼科医等の医師の診察を受けてください。
使用中に気分が悪くなった場合は通期の良いところで安静にしていただき、それでも気分が回復しない場合は直ちに医師の診察を受けてください。
3 製品の保管方法
直射日光があたる場所や、温度が40℃以上になる所には置かないこと。
お子さまの手の届く場所や、ペットにいたずらされる可能性のある場所に置かないこと。
誤飲してしまう可能性のある場所に置かないこと。