ヘッドライトは経年劣化では絶対に曇らない

ヘッドライトは経年劣化では絶対に曇らない

スーパー銭湯「越谷健美の湯」で洗車サービスの仕事をしていると、毎日のようにヘッドライトの曇りや黄ばみに関する相談を受けます。ほとんどの方が施工料金の質問をされますが、洗車の時とは反応がかなり違います。洗車だと1万円なんてお答えしようものなら、眼を見開いて「それは高いっ!」と言うのに、ヘッドライトクリーニング(研磨)だと1万円と答えても驚きもしません。洗車業者が気づいたらコーティング業者になっている理由も納得です(笑)

多くの方がヘッドライトクリーニングに関心を示すのも無理はありません。当社が、越谷健美の湯の玄関にヘッドライトクリーニングのビフォー&アフターのオブジェを展示しているからです。

ただ、残念ながら、越谷健美の湯ではヘッドライトクリーニングの依頼はほぼ100%お断りしているのが現状です。 勿論、最初から全てお断りする前提でPRしているわけではありません。お客さまと話して、お互いに合意すればご依頼を承ります。でも、ちゃんと話した結果、ほとんどのお客さまが、ご納得の上で施工依頼を取り消されます。 お客さまにする話はこのような内容です。

  • ヘッドライトの曇りの原因は樹脂レンズのクリア層の劣化であること
  • クリア層劣化の原因は「経年劣化」ではなく「汚れの放置」であり、適時適切な洗車をしなかったこと
  • 強制的にキレイにしても再発リスクがあること
  • 再発を防止するためには、適時適切な洗車を続けなければならないこと


売上を増やすことだけを考えるならば、ヘッドライトの曇りの原因を「経年劣化」で片づけてしまうことが手っ取り早いです。経年劣化はある意味避けられないことであり、ヘッドライトの曇りを解消するには定期的に研磨するか、ヘッドライトを買い換えるしかないという話にしてしまえば良いのですから。ただ、研磨しようが、ヘッドライトそのものを買い換えようが、お客さまに本当の原因である「適時適切な洗車をしなかったこと』を認識させられていないのですから、そのお客さまはその後も同じことを無限に繰り返すのでしょう。

このリスクについては、ほとんどのカーケア業者が説明をしていないと思われます。 大変失礼な言い方になりますが、ヘッドライトを曇らせてしまった方は、基本的に適時適切な洗車をできなかった方ですから、高い角度で再発させてしまいます。そして、クリア層が剥ぎ取られて裸になった樹脂レンズは、数ヶ月後には、施工前よりも酷い曇りになってしまう可能性が高いです。

お客さまとお話をした結果、この方なら再発させないで済むと当社が確信した場合、もしくは、当社に毎月洗車をご依頼いただける場合しか、ヘッドライトクリーニングはお受けしないことにしています。 その場だけ喜ばせるような、いわば麻薬のようなサービスは、当社としては提供しない方針です♪