ガラスコート(ガラスクリーナー)

プロの洗車職人が全幅の信頼を置くガラスクリーナー

洗車後に運転席に座ったお客さまが最初に目にするのはフロントガラス越しの景色です。時間をかけて外装をキレイにしても、窓ガラスの透明感が不十分だとお客さまの満足度は激減するはずです。それほど重要な窓ガラス仕上げにプロの洗車職人が選んでいる時点で、その汚れ落とし能力はご想像いただけると思います。

ただ、このガラスコートの最大のメリットは汚れ落とし能力よりも「扱い易さ」にあります。ガラスに塗布し白く乾いたら拭き取るだけなので、特別な技術を用いなくてもムラにならず、拭き残しも簡単に確認できるため、窓ガラスを完璧に仕上げられます。窓ガラスの透明感は美観上も重要ですが、ドライバーの良好な視界確保に直結するため安全上もとても重要です。窓ガラスが透明感を取り戻した時の爽快な気持ちは、ドライバーに心の余裕も与えてくれること間違いなしです。是非、この透明感をおためしください♪


最大のメリットはその「扱い易さ」にあります♪

ガラスクリーナーは無色透明な液状で、スプレーで窓ガラスに吹き付けたりクロスに付けて汚れを拭き取るタイプの商品が一般的には多いようです。ただ、透明なガラスに対して無色透明な液体を使用するために、上手く拭き取れないためムラになり易く、完璧に仕上げるにはある程度の技術が必要となります。

このガラスコートも液状タイプですが、塗布後に白く乾燥して汚れを浮き上がらせるのが大きな特徴です。乾燥後の拭き取りに特別な技術や大きな力は不要なのでムラにならず、拭き残しも簡単に確認できるため作業がスムーズに進められます。この『扱い易さ』こそがガラスコートの最大の魅力なのです。


窓ガラス仕上げの極意は「内窓仕上げ」にあり!

フロントガラス等の外側のクリーニングについては多くの方が関心を持っているようですが、内側については手つかずの方も多いようです。ただ、窓ガラスの透明感のカギを握るのは、実は内側であり、作業に時間をかけるべきなのも内側です。

喫煙車両のフロントガラスやリアガラスの内側に付着したヤニが酷いのは言うまでもありませんが、禁煙車両でも、人間のカラダから発散される汗等に含まれる汚れや皮脂は想像以上に窓ガラスを汚しています。どんなに汚れている窓ガラスでも、外側は1回の作業で仕上がることが多いのですが、内側については汚れの状況によっては、同じ作業を数回繰り返す場合もあります。

また、内側は作業の難易度も高くなります。フロントガラスの内側の下縁はダッシュボードとの境となるため、スポンジやクロスを隅まで通すのが困難であり、フロントガラスの上縁やセダンタイプのリアガラスについては、拭き取りの際の体勢の取り方も難しくなります。そんな状況でムラになりやすいガラスクリーナーを使えば仕上がりのクオリティが下がるのは当然です。そんな理由で多くの方が内側の仕上げに挫折してしまい、結果的に内側のクリーニングを放棄してしまっているのかもしれません。

ガラスコートの『扱い易さ』が大きな武器となるはずです。


撥水効果の持続期間なんて軽く聞き流すべきです♪

ガラスコートにはある程度の撥水効果はあります。ただし、その持続期間は数週間程度です。また、雨が降ってワイパーを使用した場合は更に短くなると考えてください。そもそも、窓ガラスに形成した皮膜が数か月も持続すると思いますか?世の中には、撥水効果が1年持続するなんて謳い文句を掲げる撥水剤もありますが、小さな字で「弊社実験による」等と逃げ口上が書いてあるのが普通です。

心配なのは、そのような非現実的な謳い文句を信じてしまったことで洗車が疎かになってしまい、長期間にわたり汚れを放置してしまうことです。その結果待っているのは、窓ガラスに無数にできる「ウロコシミ」です。これは、カルシウムやケイ素等の物質が固着してしまったもので、一度発生してしまうと洗車では落とすことが出来ず、機械研磨をするしかありません。発生原因は「汚れの長期間の放置」です。ここでいう「長期間」とは、1ヶ月程度の期間だとご理解ください。

窓ガラスは、特別な撥水剤を塗布しなくても、その表面を定期的にキレイに維持することでウロコシミを発生させなければ、ガラス本来の撥水性を引き出してあげることが可能です。ガラスクリーナーに求められる性能は、撥水効果の持続期間ではなく、完璧に汚れを落とす能力ですが、『ガラスコート』にはその能力が十二分に備わっています。サザンクロスで月極定期仕上げをご契約いただいているクルマの窓ガラスには、何年経過しても、ウロコシミ等発生していません。

▶「いつまでもつの?」からの卒業

 

 

大ボトル(280ml) :3,500円(税別)

※角スポンジ1個・拭き取り用タオルが付属しています。

 

品名
ガラス専用 洗浄及び撥水膜厚生剤
用途
油膜、鉄粉、ペン等汚れ落とし。ガラスの撥水性と透明度を高める。
成分
微粒子研磨剤、洗浄剤、シリコン、油脂系溶剤

各製品共通の注意事項

1 使用上の注意
口に含んだり、目に触れる可能性のある物には絶対に使用しないでください。
肌の弱い方が使用する場合は、ゴム手袋をする等の措置を講じてください。
廃棄する際は中身を使いきるか、使い切れない場合は各自治体の指示に従って適切な廃棄処理を行ってください。
2 万が一の場合の応急処置
万が一飲み込んでしまった場合は、できるだけ早く医師の診察を受けてください。
誤って目に入ってしまった場合は、直ちに清水で十分に洗い流し、少しでも異常があれば直ちに眼科医等の医師の診察を受けてください。
使用中に気分が悪くなった場合は通期の良いところで安静にしていただき、それでも気分が回復しない場合は直ちに医師の診察を受けてください。
3 製品の保管方法
直射日光があたる場所や、温度が40℃以上になる所には置かないこと。
お子さまの手の届く場所や、ペットにいたずらされる可能性のある場所に置かないこと。
誤飲してしまう可能性のある場所に置かないこと。
ピッチレスコートの大ボトルは長期間使用しない場合変形します。効能上全く問題ありませんが、定期的に開栓して空気を入れていただくと容器の変形を防ぐことができます。