クルマのキズを簡単に消せるわけがない(1)

ク ルマのキズを簡単に消せる・・・

わけがありません!!

でも、実際にカー用品店の洗車用品コーナーには、こんな謳い文句を掲げた洗車用ケミカルが沢山並んでいます。でも、ここで冷静になって考えてみてください。

クルマのキズは汚れのような付着物ではなく塗装面が抉れてしまった凹みです。 クルマのキズはわかりやすく例えるならグランドキャニオンです。もし、貴方が巨人だとして、グランドキャニオンを消すとしたらどうしますか?

考えられるやり方は2つしかありません。

1つ目の方法は、土砂で谷間を埋める方法。土砂さえあれば埋めるのは簡単ですが、最大の問題は、近い将来に河川の水が再び土砂を流してしまうので、この処置は一時しのぎに過ぎないこと。

2つ目の方法は、川底の高さに合わせて周囲一帯の岩盤を削り取ってしまい、平坦な地形に直す方法です。土砂で埋める方法と違ってすぐに元に戻ることはありませんが、とてつもない労力と技術が求められます。

カーケアに置き換えると、前者がワックス等でキズを埋めるイメージで、後者が研磨によるキズ消しなのかと。ワックスでキズを埋めたところで、一雨降れば流れちゃいますから、こんな処置でキズが消えたと言うこと自体がナンセンスの極み。また、研磨によるキズ消しは、手作業で仕上げられるほど簡単な話ではなく、ポリッシャーを完璧に使いこなす技術が必要です。そして、削り取った塗膜は二度と復元しないことからも目を逸らしてはいけません。

巨人の話に戻ります。

グランドキャニオンをキレイにしたとしても、宇宙から見たら、グランドキャニオンの場所だけ平地になってしまったら不自然に見えます。つまり、それをやってしまうと、地球全体を平面にする必要が出てくるのかもしれません。

いい加減な説明をするカーケア用品販売業者に騙されないようにするためには、しっかり物事の本質を見極めることが必要です。 クルマのキズは、オーナーにとっての悩みの種。それにつけいるいい加減な商法は残念です。そんな甘い謳い文句を信じてゴシゴシ擦ったりすると必ず後悔しますので絶対に止めてください。