サザンクロスの出張洗車の詳しい内容

選べるプランは2プラン

サザンクロスの出張洗車サービスは毎月定期的に仕上げる「定期仕上げ(月極)」が基本です。当社のほぼ全てのお客さまが定期仕上げをご契約いただいています。ただ、様々なニーズにお応えできるように1回きりで仕上げる「スポット仕上げ(1回仕上げ)」もご用意しています。

 

定期仕上げ(月極)

定期仕上げの概要

〇 毎月定期的に仕上げてクルマの輝きを維持します
〇 毎月の仕上げ回数は1回、2回、4回(その他のパターンも対応可能)
〇 内装および外装の全てを仕上げる「内外装フル仕上げ」のみ
〇 定期仕上げの対象はクルマのみ(バイクはスポット仕上げのみ)

毎月の仕上げ回数や仕上げパターンは上記の基本パターン以外にもご要望に応じて対応いたします。月4回仕上げて欲しいが3回は内装だけで良いなどといったご要望にも条件次第では検討可能です。ただし、毎月最低1回は内外装全てを仕上げることが必須条件です。

  

カーケアとしての洗車はメイクではなくスキンケアのようなもの

最初にお伝えしておきますが、定期仕上げで当社が実施するのは何の変哲もないごく普通の洗車です。適切なケアを怠ったことで既に劣化している箇所の復元や、汚れを長期間放置したことで完全に固着しているシミを消すこともできません。付着した汚れを除去してそのクルマのその時点でのベストコンディションに戻すことしかできません。 研磨等の荒療治でクルマの輝きを強制的に復元する、いわゆるカーディテイリングのような派手さは一切なく極めて地味で単純な世界です。カーケアとしての洗車を人間に喩えるならば、手術やレーザー治療等を伴う美容整形ではありませんし、その日1日だけ綺麗に魅せるメイクとも違います。毎日コツコツ続けるスキンケアがまさにぴったりのイメージです。

そして、そんな地味で単純な作業をどこまで真面目かつ丁寧に行うかで、作業完了後にどこまでそのクルマを最高のコンデイションに近づけられるか決まります。アルバイトスタッフが30分程度の短時間で仕上げてしまう作業も立派な洗車ですし、当社のように3時間以上もの時間を費やして仕上げるのも同じく洗車です。なお、洗車後にキレイになっているのは当たり前のことなので、当社は「ピッカピカになります!」なんてことを謳うつもりはありません。

こんな箇所までキレイにする必要が無いなら1時間程度で「それなりに」キレイに魅せることは可能です。

 

洗車の最大の目的は汚れの滞留期間をリセットすること

ちなみに、クルマの輝きを奪う犯人は汚れではありません。クルマに汚れが付着するのは当然ですが、そんなものは付着したら除去すれば良いだけのこと。問題はその汚れを長期間放置してしまうことで汚れが汚れでなくなってしまうことです。汚れが付着したまま放置すると、いずれどこかのタイミングでその汚れがシミに変異します。付着した汚れの種類やクルマの保管状況及び天候状況等によって、その変異するまでの期間は異なりますが必ずどこかのタイミングで変異します。大切なクルマにシミを作りたくなければ、汚れがシミに変わるボーダーラインを超えてしまう前に除去すれば良いだけのことなのです。汚れが付着している時間をリセットすることが洗車の最大の目的だと考えていますので、洗車終了直後に雨が降って汚れてしまっても全く問題ありません。なぜなら、付着したままの汚れと、リセット後に再び付着した汚れは、見た目は同じでもカーケア的には全く意味が異なるからです。

ただし、クルマの隅々に溜まった汚れを確実に除去するということは簡単なことではありません。少しくらいはシミができてしまっても良いと考えているなら話は別ですが、極論を言えば、少しでも汚れを残してしまえば、それがいずれシミになってしまうのです。当社が定期仕上げのクルマを仕上げるのに毎回3時間以上の時間をかけるのはそういった理由です。そして、少しだけ汚れていても、がっつり汚れていても、作業工程や手間がほとんど変わらないのも、そういった、ギリギリの世界で作業しているからです。

シミへのボーダーラインを超える前の汚れですが、あと1ヶ月以上放置したら固着してしまいます。

 

当社がお届けしたいのは、洗車直後ではなく10年後の感動です

定期仕上げに興味を持っていただいた方から「一度ためしてみたい」といったご要望をいただくことは多いです。おそらくどの程度キレイになるのかということを確認したいのだと思いますが、正直、キレイさというものに「どの程度」という概念は無いと考えています。全ての汚れを完全に落とした状態だけがキレイな状態だからです。

プロの洗車ならば、洗車直後にキレイになっていることは当たり前なので、終了後にお客さまから、「スゴクキレイになるんですね!」と言っていただいても、正直そこまで嬉しくはありません。当社の努力が報われるであろう瞬間は、洗車直後ではなくもっと先の話。1年後、5年後、そして10年後。10年後に、お客さまからこう言っていただくために日々努力を重ねています。「大切なクルマを任せて良かった」と。

もし、定期仕上げをおためしいただくならば1回ではなく年単位、最低でも数か月のタームでご利用ください。とりあえずどの程度キレイになるかを確認しただけであれば、越谷健美の湯にご来店いただき、「お風呂de洗車」をご利用ください。

愛車の輝きを維持する方法は愚直に洗車を続けること以外には皆無です。

 

クルマの美観維持には「経年劣化」なんて概念は不要です

最後に。当社が一番嫌いなことは、何でも「経年劣化」という言葉で片づけてしまうことです。カーケアではよくある事例としてはヘッドライトの黄ばみ。あれを経年劣化という言葉で片づけてしまうことは簡単です。そうすれば、カーケア業者や自動車販売業者としては、ヘッドライトのクリーニングや部品の交換というビジネスチャンスにつながるのですから。

でも、当社的には、世の中の全てのモノは年数が経過すれば、当たり前のように劣化することはないと考えています。エンジンや足周りの機械部品の摩耗による劣化は別として、少なくともクルマの外装部には単純な経年劣化等は存在しません。クルマの外装部の劣化の犯人は「クルマの経過年数」ではなく、「汚れを放置した時間」です。表面に付着した汚れを定期的に除去してあげていれば、新車購入後何年経過しても、クルマのヘッドライトは黄ばみません。これは本当の話です。

定期的に汚れを除去してワックスで保護膜を形成してあげれば劣化する理由がありません。

 

定期仕上げをご利用いただくにあたりご理解いただきたいこと

お客さまのクルマの輝きを維持するというミッションを引き受けた以上、その重責を果たすべく当社は全力を尽くしますが、お客さまにもお願いしたいことがいくつかあります。これらの内容を十分ご理解いただいた上でご協力いただかなければ、当社としてはお客さまからお任せいただいたミッションを完遂することはできません。

<1>永続的に続ける前提でご利用いただくこと

対象のクルマが存在するかぎり永続的に続ける前提でご契約いただくことが条件となります。もちろん、当社の仕上がりにご満足いただけないという理由で契約を解消することは随時可能です。ただ、特段のお申し出がないかぎりは、毎月自動的に契約を更新させていただきます。どの程度キレイになるかを一度ためしたい方は、定期仕上げではなく、越谷健美の湯で実施している「お風呂de洗車」をご利用ください。

<2>必ず毎月定期的に仕上げさせていただくこと

その月のクルマの使用頻度に関わらず定期的に洗車を実施させていただきます。仮に1回も乗らなかった月があったとしても必ず実施します。なぜならば、使用頻度や保管状態に関わらずクルマは必ず汚れるからです。そして、たとえ僅かな汚れであったとしても、その汚れを放置すれば洗車では落とせないシミができてしまいます。当社にお任せいただいた以上は、お任せいただいた時点の状態を維持するために、シミをひとつたりとも増やさない覚悟で仕上げさせていただいています。

なお、仕上げ回数が月2回もしくは月4回の場合、仕上げ回数が月1回の場合に比べて1回の作業負荷が減り、作業時間が短くなると誤解されがちですが、毎月の仕上げ回数に関わらず、当社が毎回の作業で行う作業内容は全く同じであり、作業時間もほとんど変わりません。では、月1回仕上げと月4回仕上げでは何が違うのでしょうか。それは、毎月の仕上げ回数を増やすほど汚れがシミに変異してしまうリスクが軽減するということです。単なる泥汚れであれば1ヶ月程度ならシミにはなりませんが、鳥のフンや花粉や付着した場合は1ヶ月もの間無事なんてことはあり得ません。つまり1ヶ月に1回の仕上げでは、タイミングによってはシミを完全に防ぐことはできないのです。

ちなみに、「今月は点検を受けたからパス」というのも基本的にはお断りしています。車検や定期点検を受けた際には業者がサービスで洗車をしてくれるのが一般的です。ただし、それは点検や整備の際に付けた汚れを落とすことが目的の最低限の洗車に過ぎないことは言うまでも無い話です。当社が毎回3時間以上の時間を費やして行っている洗車は、クルマの美観を維持するための洗車です。お客さまのクルマの美観維持をお任せいただいた以上、当社としてそのサービス洗車に期待をかけるわけにはいきません。ただ、当社で定期仕上げをご契約いただいているお客さまは、車検や点検を受ける際のサービス洗車はそもそもお断りされている方が多いようですが・・・。

<3>「明日雨が降るから日程を変更してください」というご要望には対応しかねます

洗車直後に雨が降るのはいい気分はしないのは当然です。ただでさえ、クルマは汚れるモノなのに、雨が降ればすぐに汚れてしまいます。SUV車等の特徴である無塗装のブラックパーツ等は雨が降ればすぐに白っぽくなってしまったりしますから。ですから、洗車実施予定日の翌日が雨の予報になったりすると、日程を変えて欲しくなるのはある意味で当然のことであることは、当社としても理解しています。

ただ、定期仕上げをご契約いただいている以上は、この点についてはある程度我慢していただかざるを得ないことをご理解してください。そもそも、半年や1年に一度しか洗車しない方なら話は別ですが、毎月定期的に洗車をする方にしてみれば、日本の気候を考慮すれば、洗車後に雨が降る確率はそれなりの確率になるのはやむを得ないことです。また、先述の通り、洗車の最大の目的は「汚れの滞留期間のリセット」ですから、汚れを落とした後に雨が降って再び汚れが付着することはたいした問題ではなく、むしろ、雨を理由に洗車を先送りすることで汚れの滞留期間を延ばすことこそ問題であることをご理解ください。つまり、カーケアで最も避けるべきことは洗車の機会を逃すこと。

当社は多くのお客さまの大切なクルマをお任せいただいています。ご契約いただいている全てのクルマの仕上げを定期的に実施しなければなりません。ですから、せっかく洗車できるチャンスがあるのに、翌日に雨が降るからという理由で日程を調整してしまえば、他のお客さまのクルマの仕上げスケジュールにも大きく影響し、結果的にお客さまご自身のクルマの翌月の仕上げスケジュールも遅れることになってしまいます。

ただ、スケジュールを組む際に、同じクルマが洗車直後に雨が降ることが続かないように、可能なかぎり考慮するように努めていますが、天候のことだけは予測不可能な面が多いので、お客さまのご理解をいただくしかないところです。

この点につき十分ご理解の上、ご契約いただきますようお願いいたします。

<4>スケジュール調整の連絡をスムーズに実施いただくこと

季節によっては天気予報が毎日にように二転三転することがあります。そのような状況において、それぞれご多忙なお客さまの予定を考慮して、作業スケジュールを組み立て、そして天候の急変があれば急遽予定変更を繰り返しながら対応させていただいています。ですから、そのような時にスムーズな連絡が取れないと他のお客さまにもご迷惑をおかけしてしまいます。

電話、メール、ショートメール、ライン等、もっともスムーズに意思確認できる手段での連絡を取らせていただけるようご協力いただきますようお願いいたします。

<5>最低限の洗車キズは容認いただく必要がある

こんなことを書くと不安に思われるかもしれませんが、洗車キズは必ず付きます。これを完全に防ぐことは残念ながら不可能です。クルマにシミを作らないためには、洗車の頻度を上げるしかありませんが、洗車の頻度をあげればあげるほど洗車キズは増えます。洗車キズを付けたくなければ洗車しなければ良いだけの話ですが、そうすればシミが増えます。まさにカーケアの最大のジレンマです。

稀に「当社は洗車キズをつけません!」なんて謳い文句を堂々と言っている洗車業者もいるようですが、おそらくそういった業者はこのジレンマと正面から向き合っていません。当社のように同じクルマを毎月定期的に何年にも渡ってお任せいただいている業者としては、そんないい加減なセリフを軽々しく口にすることはできません。

ただ、そのジレンマから目を逸らさず、しっかりと向き合っているからこそ、洗車キズを最大限減らせる努力ができるのだと思っています。洗車キズを減らすためには、クロスやスポンジを当てる累計回数を減らすしかありません。だから、当社は水洗いだけでも30分近い時間をかけ、ゆっくり、優しく、丁寧な作業に徹しているのです。当社の作業を眺めていただければ、洗車キズのジレンマと真摯に向き合っているかをご理解いただけると確信しています。乱雑な作業をする「手荒い」洗車が1回の作業で付けてしまうキズを、数か月から1年かけてつけてしまうレベルの少なさであると自負しています。

ある程度の洗車キズすら容認できない方からのご依頼には対応しかねますので、その点につきましては予め十分にご理解いただいた上でご依頼いただきますようお願いいたします。

   

スポット仕上げ(1回仕上げ)

スポット仕上げの概要

〇 定期実施ではなく1回きりの作業で仕上げるプランです。
  ※年に1回の実施や数か月に一度の不定期実施等も含みます。
○ 作業時間は定期仕上げよりもかなり長い時間必要となります。
  ※クルマのサイズや汚れの状態等によって異なりますがMサイズの場合で4~6時間程度
〇 定期仕上げ同様に内外装フル仕上げが基本ですが、外装のみ仕上げも対応可能です
  ※外装のみ仕上げは建設関連業者様の塗料飛散事故等の限定的な対応となります。
〇 バイクや特殊車両も対象となります。

 

スポット仕上げの引受実績事例

当社のスポット仕上げの引受実績の具体的事例は以下の通りです。

<個人のお客さまからのご依頼事例>

○ 下取り前査定前に徹底的にキレイにしたい
○ 中古で手に入れたので最初の洗車をプロにお願いしたい
○ 普段は自分で洗車しているがたまにはプロにキレイにして欲しい

<業者さまからのご依頼事例>

○ 展示車両や販売車両等をキレイにして欲しい
○ 建設作業中に作業現場の近隣車両に塗料を飛散させてしまったので除去して欲しい。
○ イベント時の利用者向けサービスとして洗車を活用したい
  ※料金は実施内容および実施方法等により個別に御見積りさせていただきます
○ 4トン冷凍貨物車や海外に寄贈される救急車や消防車といった特殊車両も対応しています。
  ※車両サイズにかかわらず全て手作業で仕上げます。

 

スポット仕上げをご利用いただくにあたりご理解いただきたいこと

<1>とことん丁寧に作業しますが、あくまでも「洗車」の領域であることをご理解ください

当社が請負作業は普通の洗車です。ただ、同じ「洗車」という単語を使用しても、アルバイトスタッフが30分程度の短時間で仕上げるような洗車もあれば、当社のように4~6時間程度かけて仕上げる洗車もありますからどのように解釈いただくかはお客さま次第です。

とはいえ、どんなに時間をかけて丁寧に作業をしたとしても所詮は洗車です。既に劣化してしまっている塗装面を復元することは不可能ですし、ポリッシャーを使って研磨するわけではないのでキズを消すことは不可能です。そのような処置を希望される場合は、当社ではご要望にお応えできないので、鈑金屋さんか磨き屋さんにご相談ください。

こんな所までキレイにしてもらえるんだ!

そう感じていただける自信はあります。世の中には同じ洗車でも色々あるんだということを知っていただけると確信しています。

清掃作業の価値は「どこまで真面目にやるか」で決まります。

<2>定期的な洗車を続けなければクルマの輝きは維持できないことをご理解ください

定期仕上げのご相談については、当社に依頼しようと検討した理由、つまり「動機」が容易に想像できるのですが、スポット仕上げについては少し話が違ってきます。業者からのご相談は目的が非常に明確な場合が多いのですが、個人のお客さまからのご相談については最初の段階では、お客さまの目的が不明確なことが多いです。「なぜ、決して安くはない料金を支払ってまで1回だけ当社に依頼するのか?」といった疑問を解決しないままご依頼を引き受ければ、お客さまのニーズに合わないサービスを提供することになってしまいます。

当社としては、それだけの時間と手間をかけるので法外な料金だとは思っていませんが、世間一般の洗車サービスよりは高額な設定になっているので、コーティングサービスと誤解されている可能性も考慮しながらお話を伺うようにしています。お聞きしてみた結果、友人に譲渡する前にキレイにしたいといったことや、普段は自分で洗車しているが年に一度くらいはプロにお願いしたいといった明確な理由をお聞きできれば、お客さまのニーズにはお応え可能であると判断します。ただ、過度な期待をされている場合はお断りするケースが多々あります。

過度な期待の多くは、プロにキレイにしてもらうのだから、その後しばらくは放置していてもキレイさが維持できると誤解されているパターンです。このパターンは結構多いです。そんな話の展開になったら、当社としてはこんなご説明をしています。

〇 ワックス効果なんてせいぜい1週間か運が良くて週間程度しか持続しないこと
〇 キレイなのは洗車直後だけで走り始めたらすぐに汚れてしまうこと
〇 今後は最低でも毎月1回は洗車しないとこの状態は維持できないこと

ただ、こんな現実的でネガティブな話ばかりではなく、最後にこう付け加えています。「とはいえ、今、この瞬間のキレイさについてはどの洗車業者にも負けない自信はありますよ」と。

クルマの輝きを維持するためには定期的な洗車が必要であることをご理解いただけそうにない方からのご依頼はお断りしています。