塗装色別ケミカルの謎と恐怖

塗装色別ケミカルの闇と恐怖

カー用品店の洗車用品コーナーには実に様々な洗車用ケミカルが並んでいます。その中で、当たり前のように販売されているのが「塗装色別ケミカル」です。その多くは、黒用、濃色用、白用、シルバー用、パール用といったパターンで販売されているようです。そして、ほとんどの方は、何の疑いもなく自分のクルマの塗装色に合った商品を手に取ります。

でも、その色別の意味を考えてから手にした方はどれくらいいるのでしょうか?

当社がお客さまのクルマを仕上げる際に、クルマの塗装色別にケミカルを使いわけることは「一切」ありません。何故なら、塗装色が作業内容等に影響する合理的な理由がないからです。世の中に塗装色別ケミカルが多数出回っている理由が皆目検討がつきません(笑)

その理由を 以下の通り3つの理由を考え出してみました。これは、実際に販売しているメーカーの開発部の方にお聞きしたわけではなくあくまでも当社の推測です。でも、いくら考えてもこれ以外の論理的な理由が思いつきませんでした。ちなみに、第1の理由は到底論理的とは言えませんが(笑)

 

<理由その①>ただの雰囲気(笑)
モノを売る際に「何にでも使える」というオールマイティさがメリットになることは多々ありますが、クルマに使うモノについてはできるだけ細分化して「スペシャル感」を出した方が売りやすいのは間違いありません。つまりそのための雰囲気づくりです(笑)
まさかこんな理由で塗装色別ケミカルを製造している会社はないでしょうが、仮に本当にあったとしても特に実害はないのでご愛嬌ということで笑って聞き流しましょう(笑)
<理由その②>研磨剤の有無やその含有量による区別
理由その①はご愛嬌レベルでしたが、理由その②以降は少し笑えない理由になってきます。 洗車用品に最も求められる性能は何かといえば勿論「汚れ落とし能力」です。できるだけ簡単に汚れを落とせるケミカルは非常にインパクトがあります。その際に活躍するのがコンパウンド等の研磨剤です。 ただ、研磨剤は便利な反面、大きなリスクも抱えています。研磨剤は汚れだけを狙い撃ちすることはできないので、本来守るべき塗装面もキズつけてしまうのです。キズの付きやすさに塗装色は一切影響しませんが、ついたキズの目立ちやすさには大きな違いがあります。
言うまでもなく黒等の濃色は「目立ちやすい」です。ただし、白系、シルバー系も目立たないだけでキズは同じようについていますがそれが目立たないだけの話です。
つまり、こんな理由で、塗装色別のケミカルを製造している会社があるとしたら、その会社は「キズは目立たなければ良い」と公言しているようなものです(^_^;)(笑)
<理由その③>ケミカルの成分や濃度
理由その②は背筋が凍りつきそうな理由でしたね。ただ、③もなかなかのものです。洗車用品に求められるもうひとつの性能といえば洗車後の「スベスベ感」や「艶」だと思われますが、これは保護膜の質や撥水性により左右されます。その質感を高めるためには、シリコン等の種類を変えたり濃度を高めることが想定されます。 ただ、得てして、そのために濃度を高めたりするとムラになりやすくなる傾向があります。そして、このムラは洗車キズと同様に、黒等の濃色の方が「目立ちやすく」なります。

塗装色に関わらず、できるだけ洗車キズをつけないように安全に作業し、拭き残しやムラが出ないように完璧に仕上げようとするならば、塗装色別にケミカルを使い分ける理由が一切ないのです。

繰り返します。これは、あくまでも当社の推測と勝手な見解です(笑)