「黒は大変だ!」はカーケアの本質をついていない

「黒は大変だ!」はカーケアの本質をついていない

昨今のクルマのカラーバリエーションは豊富ですが黒は今も昔も不動の人気です。ただ、黒に関しては誤解も多いです。

「黒は洗車が大変だ」
「黒は汚れやすい」
「黒はキズがつきやすい」
「黒はムラになりやすい」

4つともただの勘違いです(笑)

黒は汚れやキズが「つきやすい」のではなく「目立ちやすい」だけの話。
また、黒は「ムラになりやすい」のではなく「ムラが目立ちやすいだけの話。

でも、裏返して考えると、洗車キズが増えたら早期に発見できるのですから、クルマの洗車キズが致命傷になる前に洗車方法を見直せる。また、ムラが目立つからワックス等の拭き残しも回避しやすい。強いて色別の話をするならば「むしろ黒は楽」なのかもしれません(笑)

塗装色別のケミカルの無意味さや怖さについてはいつもお伝えしていますが、クルマの色に関するこのような勘違いをされている方は非常に多いです。クルマの色は「単なるビジュアルの問題」に過ぎないことをご理解してください。 ただ、この勘違いを世の中にはびこらせてしまった犯人は間違いなくカーケア業界側にあります。「黒は大変なので割増料金が必要です」とかは良くある話です。

ただ、「同じキレイさレベル」に達するために作業するならば、汚れやムラが目立つ黒の方が楽であるはずです。黒を特別扱いして大変だという業者は、多少品質が落ちても誤魔化せれば良いというスタンスであることを名言しているのかもしれません。

(誤魔化せないから)『黒は大変だ‼️』と行間を読んでみることが大事です(笑)