洗車に必要なモノはごく僅かです

色々なカーケア用品を「買うこと」自体を楽しまれている方に当社が余計なことを言う筋合いはありません。 でも、「クルマをキレイにすること」や「愛車の輝きを維持すること」を目指しているならば、次から次に市場に投入される新商品に飛び付いては、最後まで使い切らないうちにまた別の商品に飛び付くような無限ループから抜け出すことをオススメします。

当社が考えるベストなカーケアとはこんな感じです。

同じケミカルを使って、
同じ方法で、
定期的に続けること

でも、こんなことを書くとこう反論をされるのは目に見えています。「同じモノを使いたくても、すぐに新商品に切り替わってしまうじゃないか」 と。この反論はまさしく正論であり、この反論の中にこそ、カーケア用品業界の闇が潜んでいると考えています。

おそらく世の中の大半の方は、洗車のやり方なんて人に教わらなくてもできると考えているはずです。ネットで情報を漁るのも、「何を使えば艶が出るか」とか「何が一番持続するか」といった情報ばかりのはずです。洗車教室の受講者の多くが最初にされる質問もそればかりです。 でも、残念ながら、ほとんど方が水洗いがはんとできておらず、水滴どころか水洗いで落すべき汚れも落とせていませんが、新しく手にしたケミカルを使いたくてウズウズされています。でも、冷静に考えてみてください。水洗いが正しくできていない状態で、そのケミカルを使ったとして、そのケミカルの効果を十分に引き出すことができると思いますか?️

結果は目に見えています。 でも、貴方はこう思うはずです。「このケミカルは自分のクルマには合わない」とか、「このケミカルは艶がイマイチ」とか。 そして、ここからが一番大切なこと。 でも、もしかするとメーカー側にしてみれば、ユーザーが使いこなせないことなんて最初から折り込み済みかもしれないということです。そもそも、パッケージの側面や容器の背面に書いてある「使用方法」を読んだだけで使いこなせるくらいなら、世の中のクルマはもっとキレイになっているはずです。

つまり、使いこなせないことが前提だからリピート購入は期待できないので、次から次に新商品を投入して消費者を逃がさないようにしなければならないというのが、メーカー側の苦悩なのかもしれません(笑)

当社は、すべてのクルマを仕上げるのに、たった4種類のケミカルとただの水しか使いません。塗装色も関係ないし、コーティングの有無も関係ありません。また、乗用車だけでなく、トラックや救急車等も関係ありませんし、ハウスクリーニングもその4種のケミカルでほとんど間に合います。 何故なら、洗車というのは、単に汚れを落とすだけの極めて単純な作業だからです。 今の時代、清掃分野なんて世界は既に成熟しており、今さら大きな技術革新なんて期待できないかもしれません。それなのに、何故、毎年のように新商品が出るのかということに疑問をもってみると、世の中の色々な闇が見えるかもしれませんよ(笑)

「人生に必要なものは、 勇気と想像力とほんの少しのお金」とチャップリンは言っています。

「 洗車に必要なモノは、 根気と継続力とほんの少しのケミカル」 ですね(笑)