青空駐車はボデイのシミの理由にあらず

愛車を青空駐車している方のほとんどがこういいます。「青空駐車だからシミができてもしょうがないよね」と。

でもホントにそうなのでしょうか?

おそらく世の中のクルマの大多数は青空駐車場に駐車されています。青空駐車ならば当たり前のようにシミだらけになってしまうならば、自動車メーカーは世の中の実態を把握せず、簡単にシミだらけになるようなモノを製造していることになります(笑)

クルマに出来る「シミ」の原因は、水道水に含まれるケイ素や塩素やカルシウム等、カーシャンプーの拭き残し、鳥のフン、花粉等々、本当に多種多様ですが、ここではこれらをひっくるめて「原因物質」と表現します。これらの原因物質が付着したらすぐにシミになるわけではなく、洗車では落とせないシミに変異するにはある程度の「時間の経過」が必要です。 駐車場が屋内だとしても、クルマは屋外を走るモノなので原因物質は当然付着しますが、屋内に保管しても洗車をしないまま放置すれば当然シミになります。つまり、青空駐車と根本的には違いはないのです。

こういう話をすると、紫外線の影響等を気にされる方もいると思いますが、一昔前なら話は違うかもしれませんが、今のクルマは紫外線だけでは劣化することはありません。よくテーマに取り上げるヘッドライトの曇りも、紫外線は原因の一部でしかなく、根本的な原因はシミの原因物質の放置によるものです。青空駐車でもしっかり洗車をしていれば、10年経ってもヘッドライトは曇ることはありません。

ただ、屋内保管が決定的に有利なのは、天候に左右されずに洗車ができることです。これは極めて大きなアドバンテージであることは間違いのない事実です。ただし、青空駐車の方を本当に不利にしているのは「青空駐車はシミができて当たり前である」という諦めに近い先入観なのかもしれません。

当社の月極め定期仕上げのお客さまの大半は青空駐車です。でも、毎月、気愛入れて隅々まで仕上げさせていただいているので、数年経過してもボディのシミはほとんど出ていません。つまり、定期的に念入りな洗車をして、シミの原因物質を除去していれば、青空駐車でもシミは出来ないということです🎵