「All」を目指すより「Nothing」を回避せよ

「All」を目指すより「Nothing」を回避せよ

カーケアの極意は「定期的に続けること」です。

完成度は多少低くても良いから、とにかくコツコツと続けることが大切なのです。

そして、一番悪いのは長期間「何もしないこと」です。

高いお金を払ってコーティングしても、高級ケミカルを使っても、汚れがついたまま長期間放置したらクルマの輝きは確実に失われます。ちなみに、長期間というのは、通常の汚れで1ヶ月以上、鳥のフンなんかだと1週間だと考えてください。 世間でごく一般的に行われてるクルマ全体を泡だらけにして水をかけて洗う「放水型洗車」は、カーシャンプー等の成分を拭き残してスポットを誘発しやすいというデメリットがありますが、最大のデメリットはこれです。

やり始めたら全部やらないといけなくなる。

つまり「All or Nothing」であることです。

カーシャンプーで泡だらけにしてしまった以上、途中でやめるわけにはいかず最後までやり抜くしかないのです。これにより何が起きるか。 そうです。結局何もやらなくなってしまうのです。

全部やろうとするから、全部やらなくなる。

当社が行っている「バケツ1杯の水」の洗車の最大のメリットは「ゆっくり&優しく&丁寧に」拭き取り作業ができることなのですが、実は副産物として、こんなメリットがオマケでついてきます。部分洗いができること。急用が入ったり疲れたら途中で止めることもできるのです。つまり、

いつでも、どこでも、気軽に洗車できるから無理なく続けられる。

これって凄いメリットだと思いませんか?

当社の「洗車教室」に参加いただけば簡単にできるようになります。 マスターするのに、特別な技術は不要ですが、先入観に縛られない「柔軟な思考」は必要です(笑)

ちなみに、いつも書いていることですが、当社のメインサービスは「月極め出張仕上げ」です。同じクルマを、毎月定期的に何年にも渡り仕上げさせていただいていますが、全て「バケツ1杯の水」の洗車で仕上げています。そして、当社に任せてから極端に洗車キズが増えたといったクレームをいただいたはなく、廃車等以外の理由で契約を解約された方もほとんどいません。これが、この洗車方法がクルマに優しい方法であることの答えです。